娘の旅立ちで残された父と愛犬。なかなか外に出ない父にかまってほしい愛犬。ところが・・・最後の結末に思わず・・・

4,016 views

愛する娘の成長、そして旅立ち。

嬉しいはずなのにやっぱり別れは寂しい。

今回ご紹介するお父さんは寂しさのために、

趣味への意欲もなくなってしまった様子です。

残されたお父さんと愛犬の物語。
 
 
それでは~THINK TIME~です。
 
 

娘が進学のため東京へ。

広い家に残されたのは

お父さんと愛犬のみになりました。

お父さんは趣味の釣りに出かけることもなくなり、

家の中にこもりがちな日々。

誕生日、娘から届いたバースデーカードを傍らに

一人ぼっちのパーティー。

いつもそばに寄り添っている愛犬も、

娘が恋しいお父さんの心を

うめることはできないのでしょうか…。

そんなある日、小さな変化が。

外の小屋で何かを見つけた愛犬。

その日から、ちょっと困った行動を始めます。

部屋を散らかして何かを引っ張り出したり、

せっかくできあがった料理を、

びっくりさせてを台無しにしまったり。

自分の邪魔ばかりする愛犬に、

ため息をつくお父さん。

「いったいうちの犬はどうしてしまったのだろう?」

ある朝目を覚ますと、

いつもの寝床に愛犬の姿がありません。

「いったいどこへ?」

目元がじわりとあたたかくなりそうなその結末は、

動画でご覧ください。

 
 
 

出典元:toyotajpchannel  

いたずらをしてお父さんを困らせていた愛犬が、

ほんとうに伝えたかったこと。

愛犬は、お父さんが元気だったころの姿を

ちゃんと覚えていたのですね。

「もう一度お父さんに笑ってほしい…!」

「大好きな釣りに一緒に出かけたら

きっと元気になってくれるはず」

愛犬「ジョン」の気持ちに気づいた、

「お父さん」こと「太郎」。

釣りに出かけたお父さんの表情は、

まさにジョンが見たかったものでした。
 
 
 
 

最近では高速道路のサービスエリアに

ドッグランが併設されたりと、

家族の一員である愛犬とのドライブを

より楽しめる環境が整ってきています。

その一方で、愛犬を抱っこしたまま運転して

検挙の対象になることや、

車内や駐車場での愛犬の事故も増えているそうです。

「トヨタドッグサークル」のサイトでは、

愛犬にとって最適な車の乗せ方や、

一緒に行けるお出かけ情報なども

掲載されているとのこと。

より一層、愛犬と一緒に笑顔のドライブを楽しめるように、

一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

サイト:トヨタドッグサークル

みなさまはどう考えますか?

考えさせられる記事ですね。

  • LINEで送る

人気ランキング

PAGE TOP ↑