24時間テレビに出演していた山田倫太郎くんから元気をもらった・・・彼の作文や絵本が素晴らしい!!!

70,015 views

出典元:twitter

中学校2年生の山田倫太郎くん(右は弟の恵次郎くん)

心臓の左心室と右心室が分かれていない

「フォンタン術後症候群(房室交差)」という

1万4千人に1人の難病を抱えている山田倫太郎くん。

倫太郎くんは、心臓の病気で長く入院してきました。
 
 
 
それでは~THINK TIME~です。
 
 
 
倫太郎くんが中学1年生のときに、

「命の尊さ」について作文を書いています。
 
 
皆さんは命の尊さについて考えた事がありますか?

命はとても尊い物です。

しかし最近、自殺のニュースをよく耳にします。

僕はその度に怒っています。

僕がこんな命の尊さについて考える理由は、四つあります。

第一に、僕は半分死んだ状態で生まれて来ました。

けれど、主治医の安河内先生をはじめ、

多くの人々に支えられて今まで生きる事が出来たからです。

例を挙げると、二才の頃、家で心肺停止状態になりました。

近くに居た母は人工呼吸、祖父は心臓マッサージ、

祖母は救急車を呼んでくれました。

救急車が来た時に、僕は息を吹き返しました。

その後は近くの病院に運ばれて蘇生してもらい、

子ども病院に運ばれ、元気になりました。

小さい頃の事なので、はっきり覚えていないけど、

家族はこの事を話す度に「大変だった」と言います。

それほど人に支えられているのです。

第二に、僕も生きる為に頑張って来たからです。

手術、リハビリ、水分制限、体重のコントロール等です。

水分飲んでいい量が1リットル未満だった時もありました。

その時は、氷や果物を食べて喉を潤していました。

小さい頃は飲めないのが辛かったです。

飲んで良い量が増えた時の喜びを今でも覚えています。

第三に、小学一年の冬に入院した時に、病棟の子が亡くなり、

その時のその子の母親の声がとても悲しそうだったからです。

真夜中に急に遠くの病室からその子の母親の

「もう少しでお父さんが来るからしっかりして」と言う声がしました。

けれど、お父さんが来る前にその子は亡くなってしまいました。

僕は、その後退院しましたが、今でもその出来事を覚えています。

このように、自分が死ぬと、家族や周りの人が悲しみます。

第四に、母親が弟を身籠っている時、母親がとても大変だったからです。

お腹が大きいので、靴下を履く事、ボタンを買う事が自分で出来ませんでした。

僕は、母親に靴下を履かせてあげたり、

ボタンを買ってあげたりとお手伝いをしました。

母親のお手伝いを通して、僕を身籠っている時も、

こんなに苦しいのに、これに耐えてくれたんだと思い、

命を大切にしなければいけないんだと感じました。

皆さんのお母さんも、10ヶ月間こんなに苦しい思いをしても、

皆さんに会いたいと思う一心で頑張ってくれたのです。

そして、生まれてからも多くの人々に支えられて、今の自分があるのです。

けれど中には、「自分の命だから、自殺なんて自分の勝手」と考える人もいるでしょう。

しかし、人間は一人一人が互いに支え合って生きています。

自殺は周りの人を悲しませるのでいけません。

以上の事から、自分の命を大切にして下さい。

他の人の命も大切にする事が出来ます。
 
 
 
 

また、

倫太郎くんの書いた絵本が

こども病院に置かれている・・・
 

「ぼくはリンリンマン。検査の不安から

子どもたちを助けるために宇宙からやってきた」−。

そんな書きだしで心臓の病気で長く入院してきた体験ももとに、

小さな子たちが心臓カテーテル検査に感じる恐怖を

軽くできればと制作した。

絵本のタイトルは

「リンリンマン カテーテルってなんだのまき」。

足の血管から心臓へカテーテルを通す

検査の手順をQ&A形式で解説する。

アンパンマンに似た主人公は、

倫太郎君と同じく酸素吸入器の鼻チューブを着けている。

この検査は、小児科では全身麻酔で行われるが、

終わってしばらくは出血を防ぐため、体を固定される。

10回以上受けている倫太郎君も

「ガリバー旅行記で小人に縛られる

ガリバーになったような気分」という。

5月に入院した際、検査後の幼児の泣き声を聞いた。

検査の意味を理解すれば、

不安が和らぐのではと絵本を思い立った。

病棟の子どもたちを支える専門職

チャイルド・ライフ・スペシャリストの

塩崎暁子さん(29)に相談。

検査の説明、機器の写真などの資料をそろえてもらい、

画用紙に絵を描いて、パソコンで打った文章を貼り付け、

製本して1週間で完成させた。

塩崎さんは「倫太郎君は私たちが

体験していないことを知っている。

それを言葉にして誰かに伝えるのは

とても難しいし、勇気のいること。

小さい子たちへの彼のやさしさが生んだ作品です」

と話す。

倫太郎君は生まれつき心臓の左心室と右心室が

分離しておらず、機能修復のための手術を受けた。

「フォンタン術後症候群」と呼ばれる不整脈、

チアノーゼ、肝硬変など全身の臓器症状も抱える。

今は祖父の車で中学校に通い、午前中だけ勉強する。

腸からタンパク質が漏出してしまう病気もあり、

しばしば短期入院して点滴治療を受ける。

水分制限など生活の制約も多い。

そんな中で、倫太郎君は小学校入学前から

絵本などの創作に意欲を燃やしてきた。

妖精、野菜などのキャラクターが

旅行しておいしいものを食べたり、

侵略者と闘ったりするお話。

弟の恵次郎君が生まれてからは、

絵本の登場人物に「恵恵くん」が加わった。

これまでに作った絵本は9冊。

いつか出版することが倫太郎君の夢だ。

出典元:中国新聞
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

24時間テレビでは元気で明るく、

ちょっと大人びていて愛おしい少年でした。

彼だからできる活動が病気の子どもたちに

元気と勇気を与えていることでしょう!

横で歌っていた恵次郎くんの夢は、

「お兄ちゃんの病気を治すお医者さん」。

ぜひ夢を叶えてほしい!!!

みなさまはどう感じましたか?

考えさせられる記事ですね。

  • LINEで送る

関連記事

スクリーンショット (8)

「わたしを母にしてくれたのはきみなんだ。」子どもを思う母の気持ちに感動の涙・・・

記事を読む

スクリーンショット (255)

盲導犬が引退した後に帰る場所 ~11年を経てよみがえる思い出~ 

記事を読む

スクリーンショット (235)

あなたは私たちのヒーロー!! 30年以上新生児集中治療室で働いている看護師さんへ贈った感動サプライズに涙…

記事を読む

WS000001

ビーチでカニとたわむれるワンちゃん。心和みます・・・

記事を読む

スクリーンショット (22)

「HOPE SOAP」??? 南アフリカの子どもたちの感染症を70%減少させた希望の石鹸とは!!!

記事を読む

スクリーンショット (89)

夜泣きを繰り返す子ども、それに苦しむママ。「今日のあなたには明日会えない・・・」すべてのママに読んでほしい

記事を読む

スクリーンショット 2015-10-04 19.35.47

2016にモビルスーツ対決?心踊る、あの頃思い描いた夢ついに実現か!世界中に広がる期待!!!

記事を読む

top_img_01

この店長の気遣いが素敵すぎます!!~見習うべき接客~

記事を読む

2365856_2

このミュージックビデオは「CG」ではありません!!! かっこよすぎですって、どうやって撮ってるの???

記事を読む

スクリーンショット (124)

このパフォーマンス凄すぎです!!! 家族で奏でる「アナ雪メドレー」。 

記事を読む

ジンブラック

すぐ真似できる!東京ガールズコレクション出演モデルがやっているダイエットとは?[PR]

記事を読む


人気ランキング

PAGE TOP ↑