「早老症」という難病を抱えながら生きた「アシュリー」の日々を生きる前向きな言葉たち。

54,217 views

アシュリーは1991年5月23日、カナダに生まれる。

そのとき母親のロリー・ヘギが当時17歳。

実父はアシュリーが1歳の時に家を出て行くが、

2003年に母が再婚。2004年に弟が誕生した。

生後3か月ごろから皮膚が硬くなりはじめ、

さらに髪の毛が抜けはじめるが原因はわからなかった。

生後9か月ごろ、たまたま担当医が

プロジェリアの記事を見つけたのがきっかけとなり

病気が判明した。

プロジェリア(早老症)の平均寿命は13歳と言われるが、

アシュリー・ヘギはそれを越える17歳まで生存し、

これまで確認されているプロジェリア患者としては

最も長命であった。

2009年4月21日死去。17歳没。

病気と向き合う前向きな姿勢は有名で、生前数々の言葉を残した。

日本国内のドキュメンタリー番組で

アシュリーが取り上げられると大きな反響を呼び、

アシュリー宛に日本から励ましのメールや手紙が届いたことから、

アシュリーはすっかり日本好きになった。

ペットのマウスにハム太郎と名付けたほどである。

そんな彼女は生前、多くの名言を残している。

それでは~THINK TIME~です。

 

「私はアシュリー」

プロジェリアじゃなけらればいいのに、なんて思わないわ。
わたしは、わたしという人間であることが幸せだし、
神様がわたしをこうお創りになったのには、
きっと理由があるはずだもの。

もしかしたら神様は、
”わたしはプロジェリアだけど、こうして生きている”
ということを人に見せなさいって、
その機会をお与えになったのかもしれないって思うの。
この病気をとおして、
人を助けなさいということかもしれないって思うの。

—————————-

「自分のこと」

ハッピーでいられる自分が好き。
悪口を言われたときでも、
誰かがわたしに怒ったときでも、
相手に対して怒らないでいられる自分が好き。

自慢できるのは、
ハムスターの世話が上手なのと、
弟の面倒をよくみるってところ。
あと誰かが落ち込んでいるときに、
その人をもう一度笑顔にさせるところ!

私はいつも前向きでいたい。
前向きになれないときが
これまでにも一回か二回あったかも。
でもほとんどないな。

自信を失ったこともないわよ。
だって自信を失わせるようなことが
起ったことないもの。

人はこうなのに、自分がこうだとか、
誰かと自分を比べて、そうこう考えたりしない。
誰だって完璧じゃないもの。

ひどいことを言われて相手に怒りを感じたときは、
その人に怒りを返さないように、自分に待ったをかけるの。
そこにいたらきっと言い返してしまうから、
「ちょっと失礼」って別の場所に行って、
一拍置くようにしているの。

一拍置いて、いま起きたことを考えてみると、
憤りが相手にそういわせたんだってことが見えてきて、
自分の怒りや悲しみが消えていくの。

人が怒っているとき、相手に対して、
本心から思っているんじゃないようなことまで
勢いで言ってしまったりすることがあると思うの。

言い争いをするときって、
売り言葉に買い言葉になっちゃうでしょ。
そんな怒りのシーソーゲームを続いていても、
なんにもならないじゃない?
だから、こうしようって決めたの。

—————————-

「命」

もしも、わたしが誰かから
あなたにはあと24時間の命しかありませんよ、
と言われたとしても、
それで困ったりしないわ。

死は誰にでも訪れるもの。
恐れるなんて、
意味がないことだと思う。

なぜ、ここにいるのか、
それはわからない。
でも、わたしたちがここにいるのには
何か目的があると思うの。

わたしはハッピーに生きたい。
ほかの人たちを勇気づけるように生きたい。

生きるチャンスを与えられているのだもの。
わたしは自分の定められた時間がくるまで、
すこやかに生きていきたいと思っているわ。

—————————-

「アシュリーの祈り」

私の人生に感謝します。
家族の健康と安全に感謝します。
今日も1日無事に過ごせて感謝します。
そしていい休息がもてますように。
家族が無事にいられますように。
ひどい頭痛や胸の痛みが起りませんように。
関節炎が痛みませんように。
明日も学校でいい1日が過ごせますように。
明日の朝、リフレッシュした気持ちで
起られますようにー。

—————————-

出典:アシュリー ~All About Ashley~
 

短い一生ではありましたが、前向きに生きた心の持ち方に、心が動かされます。

そんな彼女の、名言は、どんな人にも参考となり、

困難を軽く乗り越えるための珠玉のエッセンスが

散りばめられているものと思います。

みなさまはどう感じましたか?

考えさせられる記事ですね。

  • LINEで送る

人気ランキング

PAGE TOP ↑