「祖父が書いた最初で最後のラブレター」 ~余命があとわずかであることを知らされていた~

2,309 views

脳梗塞で入退院を繰り返していた祖父

私たち家族は以前からの本人の希望通り、

医師から余命があとわずかである

ことを知らされていたが、

祖父には告知しないでいた。

「元気になって、またみんなで楽しく暮らそうね」

祖父を見舞った際の合い言葉のようでもあった。

祖父の1周忌が過ぎた頃、

父が祖母に1通の手紙を手渡した。

祖母の心の落ち着きを待ってのことだった。

衰弱し、震える手で書かれた文字は

書道で師範格であった祖父が書いたとは思えない程

弱々しかったが、文面から感じられる

優しさ、慈しみが祖父のそれであった。

 

「おばあちゃん元気ともに過ごした時間は

永いようで短い50年でしたね

また機会があればいっしょに暮らしたいものです」

 

祖父が書いた最初で最後のラブレターである。

出典元:kokoro堂

・・・・・・・・・・

人生の最期のときに、ともに過ごした思い出を振り返って、

「また一緒になりたい」と思ってくれる人がいることは幸せですね。

これまで、そんなに甘い言葉をかけることはなかったのかもしれませんが、

本当に最高のラブレターだと思います。

みんさまはどう感じましたか?

考えさせられる記事ですね。

  • LINEで送る

関連記事

スクリーンショット (10)

夢叶う!!!競技中に下半身麻痺の男性を背負って・・・大会失格になりながらもとったサーファーの行動に涙が止まらない・・・

記事を読む

スクリーンショット 2015-09-29 20.58.13

青森県警って素敵すぎる!!じわじわくる青森県警のデュオ♪

記事を読む

201408311958222e0

「アハ体験」しませんか? 問題:絵の中に何が見えますか?

記事を読む

fd0805009

脳内まひの少年がトライアスロンを完走。ゴール目前で奇跡が!!!

記事を読む

スクリーンショット (115)

あと10年で消える仕事って何だと思いますか?オックスフォード大学が徹底調査。GoogleのCEOも共通見解を述べています。

記事を読む

スクリーンショット (136)

「ダディー助けて!」赤ちゃんが泣き叫ぶ笑撃の理由とは???その理由に腹筋崩壊!!!

記事を読む

27F9229B00000578-0-image-a-1_1429954354401_R

難病で歩けない親友を、3年間も背負い続けた中国の高校生の話

記事を読む

16920_02

【感動秘話】妊娠後に「乳がん」が発覚・・・。~でも、絶対に「母乳」を飲ませたい~

記事を読む

CUYpbFDUwAAbER6

【感動】旦那が、机の上に「1枚のレシート」を置きっぱなしにしていた本当の理由

記事を読む

mama1

人前で息子をビンタしたお母さん。それを見ていた見知らぬ”おばちゃま”がビンタしたお母さんに一言。その言葉にお母さんは泣き崩れる…

記事を読む

ジンブラック

すぐ真似できる!東京ガールズコレクション出演モデルがやっているダイエットとは?[PR]

記事を読む


人気ランキング

PAGE TOP ↑