なぜ、この子犬には左の目がないの? 人間はもっとペットのことを考えるべきだ。

3,330 views

12年もの長い間、狭い檻に閉じ込められ、

繁殖のためだけに生かされていた犬が

初めて大地を歩いたときの写真です。

 

それでは~THINK TIME~です。 

 

この犬の名はリジー。

12年もの長い間、パピーミルと呼ばれる

「子犬の生産工場」(犬種の特性を理解しないまま、

利益優先で乱繁殖を繰り返す繁殖業者)

で飼われていました。

衛生状態が劣悪な狭い檻の中で犬を交配させ、

ペットショップに売るための子犬を

ひたすら生ませるのです。

出典元:up.gc-img.net

営利目的で子犬を繁殖させているため、

経費削減でまともな食事は与えられず、

ずっと狭い檻の中に閉じ込められ、

散歩もろくにさせてもらえない状況であるといいます。

また、パピーミルの経営状況が悪化すると、

殺処分したり、保健所に処分させるケースもあるそうです。

リジーは、アメリカの動物愛護団体

「National Mill Dog Rescue」

によって救出され、

愛のある家族に引き取られました。

芝生の感触に驚き、

周囲を不思議そうに見つめています。

痩せ細った体でビクビクしながら歩いています。

12年間がいかに過酷なものであったか、

リジーの心情を想うと胸に突き刺さるものがあります。

12年間、劣悪な環境にいたリジー。

救出された当初のリジーの左目は感染症でただれ、

摘出せざるをえなかったそうです。

現在は飼い主さんの愛情を受けて

毎日の暮らしを送っているといいます。

出典元:National Mill Dog Rescue

ーーーーーーーー

リジーは愛のある家族に迎えられて幸せなのかもしれません。

ペットをお金としか考えず

命をむやみに扱う集団を壊滅させるためにも

この事実を多くの人に知ってほしいと思います。

みなさまはどう感じましたか?

  • LINEで送る

人気ランキング

PAGE TOP ↑