このかわいそうな生き物。少女がゴミをかき分け発見した猫です。その後、少女の愛情で奇跡が起こります。

142,180 views

イスタンブールの入り込む路地で迷い、

酷い光景を目の当たりにする。

他の人々は何も見ず、

何も語らずに通り過ぎていく。

この心の優しい少女を除いては・・・。

この惨めさの塊のような生きものは

イスタンブールのゴミ箱の中に横たわり、

昼夜弱々しく泣いていました。

毎日地元の住人はこの子猫の横を歩いていたが気付きませんでした。

イスタンブールの人口は14oo万人。

悲しいことに一人として気にかけなかったのです。

7歳の小さな女の子だけが

ごみための中から聞こえてくる鳴き声に

耳を傾け助けました。

ありがたいことに、

この子の父親は医者だったので

父の元に急いで戻りました。

病院に着くと看護婦がこの小さな患者さんを

献身的に面倒見てくれました。

顔がウジとダニ にやられていたので

かなりのケアが必要でした。

耳と口が変形していました。

きっと他の野良猫にやられたのでしょう。

この子猫はどうなったのでしょう???

それでは~THINK TIME~です。

 

出典元:Viktor Larkhill

愛と献身的な看護のおかげで

このかわいそうな猫はもう一度健康になりました。

女の子は猫をギュリュムザーと名付けました。

「常に微笑む」という意味です。

今では二人はいつも一緒です。

何故かベッドのシーツには

「天使」や「信頼」などと書かれています。

右上は「成功」でしょうか。

2週間位でギュリュムザーは

目に見える回復を遂げました。

傷が閉じ毛も少しずつ生えてきました。

救助者に本当に感謝です。

もし優しい彼女が早く 助けていなかったら

ギュリュムザーはもうあの世に行っていたでしょう。

彼女の愛情が起こした奇跡です。

この少女の行ったことが美しい。

彼女によって救われた命。

そして、

この奇跡が全世界に拡散されることで

救われる小さな命が増えるかもしれませんね。

ぜひ、シェアしてください。

みなさまはどう感じましたか?

考えさせられる記事ですね。

  • LINEで送る

人気ランキング

PAGE TOP ↑