父が帰ってきたとき、母は戦死の誤報で再婚していた。父二人のはざまで苦しむ娘・・・。

9,959 views

それでは~THINK TIME~です。

父の腕に抱かれ、ハンカチで口元を押さえる少女。

BC級戦犯としてフィリピンで死刑判決を受けながらも

恩赦によって横浜港に帰還した元日本兵と、

約10年ぶりに再会した子どもたちの写真が、

1953年7月23日の本紙に載った。

その少女、尾畑慶子さん(76)=旧姓前川、横浜市鶴見区=は

「これで元に戻れる、と思いました」と当時の心境を振り返る。

けれども、そこに母の姿はなかった。

夫が戦死したとの誤報を信じて再婚していたからだ。

市井の人の「戦争」は続いていた。

 「私は覚えていないんですが、

お葬式をしたと母から聞きました」

と慶子さんは話す。

終戦から2、3年後に父・前川治助さんの戦死公報が届いた。

母の邦子さんは、生活を案じた近所の人の紹介で再婚した。

2人の幼い弟は新潟の父方の実家に引き取られ、

母は新しい父との間に妹と弟をもうけた。

 治助さんがフィリピンの刑務所で健在だと分かると、

邦子さんは煩悶(はんもん)した。

日本人戦犯の減刑のために奔走した横浜出身の歌手、

渡辺はま子さんにしたためた手紙に

「再婚したものゝ、前川が生存して居ると知つた其の時から、此の帰りを待ちわびて来た私でした」

と真情を吐露した。

 帰国がかなった53年7月の恩赦に加えて同年12月、

さらなる恩赦で釈放されるまで、

治助さんは東京・巣鴨刑務所で服役した。

その間、邦子さんは再婚した夫とともに巣鴨を訪れ面談した。

結局、邦子さんが選んだのは治助さんだった。

その気持ちを慶子さんは推し量る。

「あんたが大人になったら分かる、とだけ言っていました。

結局、好きだったということでしょうね。

母は大恋愛で結ばれ、16で私を生んだんです」

 治助さんは邦子さんを許し、

新潟の弟たちも一緒に暮らすことになった。

横浜港で慶子さんが見せた涙には、新潟、横浜と

離れ離れだった弟に再会した喜びもあった。

「うれしくてしょうがなかったんです」

 一方で、新しい父は身を引き、

妹と弟を連れて家を出た。

慶子さんにとって、

その2人も大切なきょうだいだった。

内職に忙しかった母に代わり、赤ん坊のころから

銭湯へ連れて行き、かわいがったのだ。

「会いたくて、親に黙って顔を見に行ったこともあります」

 その弟は病で早世し、妹は慶子さんが

20代前半のころ奉公に出されることになった。

そのことを慶子さんが伝えると、

治助さんは自分が引き取ると言った。

戦後十数年、戦争に翻弄(ほんろう)された

慶子さんのきょうだいが一つ屋根の下に集まった。

「私たちを育ててくれた新しいお父さんにも

恩返しができたと思いました」

 治助さんが亡くなったのは90年。

フィリピンでのことは口を閉ざしたままだったが、

かの地で10年間、家族を思い続けたことだけは確かだった。

慶子さんは、横浜港で父が最初に発した言葉を忘れない。

「お前、腕は大丈夫か」。

ごく幼いころ腕に負ったやけどを、

ずっと心配していたのだ。

 ※フィリピンのBC級戦犯 非戦闘員や捕虜などを殺害、虐待したなどの容疑でフィリピン政府が起訴した日本兵151人を指す。79人が死刑判決を受け17人が刑死。エルピディオ・キリノ大統領の恩赦で帰国できたのは108人だった。戦犯は首都マニラ郊外のモンテンルパにあるニュービリビッド刑務所に収監された。教誨(きょうかい)師の加賀尾秀忍や、戦犯が作詞作曲した「あゝモンテンルパの夜は更けて」を歌った歌手の渡辺はま子らが減刑を嘆願した一方、日米両軍が激突し約10万人の民間人の命を奪った1945年のマニラ市街戦などを背景に、日本兵に対する住民の憎悪は根深かった。自身も妻子4人を日本兵に殺されたキリノは、キリスト教精神に基づき恩赦を決断したが、必ずしも国民の共感は得られず、直後の大統領選で落選した。

出典元:Yahoo!ニュース

「再会したとき、

これが私の父親なんだと思ってびっくりしました」と

慶子さんは話したそうです。

戦争が奪ってしまった時間。

たくさんの人の人生を狂わしています。

みなさまはどう感じましたか?

考えさせられる記事ですね。

  • LINEで送る

人気ランキング

PAGE TOP ↑