「男はつらいよ」の寅さんの人情深い名言集

6,698 views

昭和から多くのシリーズが公開された、

日本を代表する映画の一つ「男はつらいよ」。

主人公寅さんの独特のキャラや

言い回しが今なお根強い人気ですね。

渥美清さん演じる寅さんは、

男として、人間として、

本来あるべき姿の魅力をあまさず伝えています。

この世知辛い、今の時代にこそ聞きたい、

寅さんの格好いい名言の数々をご紹介します。

 

【寅さんの名言】

1、何というかな。ああ、生まれてきて良かった。
そう思うことが何べんかあるだろう。そのために生きてんじゃねえか。
そのうちお前にもそういう時がくるよ、な?
まあ、がんばれ。

2、ザマ見ろ。人間理屈じゃ動かねえんだ。

3、インテリというのは自分で考え過ぎますからね。
そのうち俺はなにを考えていたんだろうって、分かんなくなってくるんです。
つまり、このテレビの裏っ方でいいますと、配線がガチャガチャにこみ入っているわけなんですよね。
ええ、その点、私なんか線が1本だけですから、まあ、いってみりゃ、空っぽといいましょうか。
叩けばコーンと音がしますよ。殴ってみましょうか?

4、男が女に惚れるのに 歳なんかあるかい。

5、あの、何か困っていることがございませんか?
どうぞ私に言ってください。大したことはできませんが、指の1本や2本、いいえ、
腕や片足ぐれえでしたらなんてこたぁありません。どうぞ言ってください。

6、いいか。恋ってのはそんな生易しいもんじゃないんだぞ。
飯食う時だってウンコする時だって、いつもその人のことで頭がいっぱいよ、
何かこう胸の中が柔らかァくなるような気持ちでさ、ちょっとした音でも、
例えば千里先で針がポトンと落ちても、アーッとなるような、そんな優しい気持ちになって、
もう、その人のためなら何でもしてやろう、命だって惜しくない、
寅ちゃん、私のために死んでくれないって言われたら、ありがとうと言ってすぐにでも死ねる、
それが恋というものじゃないだろうか

7、今度あの子に会ったら、こんな話しよう、あんな話もしよう、
そう思ってウチを出るんだよ。
いざその子の前に座ると、ぜーんぶ忘れちゃうんだね。
で、馬鹿みてーに黙りこくってんだよ。
そんなてめえの姿がなさけなくって、こー、涙がこぼれそうになるんだよ。
な、女に惚れてる男の気持ちって、そういうもんなんだぞ。

出典元:「男はつらいよ」公式サイト

寅さんの言葉だから胸に響きます。 

映画が見たくなりました。

  • LINEで送る

人気ランキング

PAGE TOP ↑