恩師の葬儀に集まった総勢1700名の生徒たち。彼らの追悼のダンスパフォーマンスに涙が止まらない・・・

6,812 views

ニュージーランドの男子高校で、

30年間教師を務めていたドーソン・タマティ先生が

55才という若さで2015年7月20日急に亡くなりました。

その日の朝、なかなか起きて来ないので家族が見に行ったところ、

亡くなっているのが発見されたそうです。

とても明るく、温かい人柄で、

多くの学生や教師仲間から慕われていたドーソン先生。

葬儀では総勢1700名以上の生徒と教師が

「ハカダンス」という民族舞踊で見送りました。

ハカダンスは、本来はマオリ族の戦士が

戦いに出る前に踊る儀式としての舞踊ですが、

現代では敬意や感謝の意を相手に表する舞として継承されています。

先生自身もマオリ族の血をひいているそうで、

先生の追悼に一番ふさわしい送り出しを、

皆で一生懸命考えたようです。

 

それでは~THINK TIME~です。

 

出典元:PNBHS

急な悲報で、深い悲しみや喪失感に打ちひしがれている中、

先生のために見事な一体感で舞う心情は、

想像を絶するものがあったでしょう。

この葬儀の様子が映像で紹介され、

「先生もきっと喜んでいるよ」

「今まで見た中で一番感動的な動画だ」

などのたくさんの声が寄せられました。

みなさまはどう感じましたか?

考えさせられる記事ですね。

  • LINEで送る

人気ランキング

PAGE TOP ↑