脳内まひの少年がトライアスロンを完走。ゴール目前で奇跡が!!!

12,695 views

生まれつき脳性まひを患っている

イギリス在住、8歳のベイリー・マシューくん。

病気により手足が思うようには動かせず、

歩行器なしでは日常生活をおくるのも

簡単ではありません。

そんなベイリーくんが

厳しいトライアスロンを

見事に完走し世界中の人々に感動を与えました。

ベイリーくんが挑戦したのは、

水泳100メートル、自転車走4キロ、

マラソン1.3キロからなるコースで、

けっして大人でも簡単なコースとは言えません。

浮き輪をつけて、

必死に1人の力で泳いでいくベイリーくん。

お父さんが見守るなか自転車も上手にバランスをとり、

険しい道を歩行器の力を借りつつも

ゴールへ向けて歩いていきます。

多くの歓声に迎えられながら、

最後の力を振り絞り走る。

そして、最後ゴールから20m手前で、

ベイリーくんは驚くべき行動にでます。

それでは~THINK TIME~です。

出典元:
Andrew Cannon

まさに、奇跡のような瞬間でした。

なんと、ここまで使ってきた歩行器を捨て、

自らの足のみでゴールへと向い始めたのです。

転びながらも、たくさんの歓声が彼を支えるかのように、

最後の最後まで歩行器には頼らず

ゴールしたベイリーくんの勇敢な姿を見て、

世界では感動の声があがっています。

ゴール後にベイリーくんを抱きしめる父ジョナサンさん。

最初から最後まで見届けた

お父さんの気持ちが伝わってきますね。

奇跡は起こすもの。

子どもの可能性を積むのは大人です。

彼のがんばりに勇気をもらいました。

みなさまはどう感じましたか?

考えさせられる記事ですね。

  • LINEで送る

人気ランキング

PAGE TOP ↑