”矢沢永吉”から学ぶ『人生の教訓となる数々の名言』

13,394 views

矢沢永吉、1949年、広島県広島市に生まれる。

母が家を出て、父は原爆後遺症で早逝したため、

幼少期は親戚中をたらい回しにされる。

その後は祖母に育てられ、貧しい少年時代を過ごす。

近所の裕福な子供に屈辱を受けるなどの経験から

「BIGになる」との思いが芽生える。

中学時代、ザ・ビートルズを聴いてロックに目覚め、

スターになることを夢見るようになる。

高校卒業後に上京。

チャイナタウンなどで働きながらバンド活動を始める。

自作の「アイ・ラヴ・ユー、OK」を

レコード会社に持ち込むも売れないと断られる。

1972年、ロックバンドCAROLを結成。

シングル「ルイジアンナ」でデビュー。

フォークソングと歌謡曲中心の音楽界に、

革ジャンにリーゼントのロカビリースタイルで突如として現れ、人気を博す。

1975年、CAROLを解散。

「I LOVE YOU, OK」でソロデビュー。

1977年に日本のロック・ソロアーティストとしては

初の日本武道館単独公演を敢行。

1980年代に黄金期を迎え、

ロックスターとしての地位を磐石にする。

発表作品のほとんどの作曲を自身で手掛けている。

CMや俳優として映画やドラマに出演することもあるが、

音楽テレビ番組への出演はほとんどない。

ロック界のカリスマとして、

長きにわたり第一線に君臨し続ける

矢沢永吉さんの言葉は、魂に突き刺さります。

ページ: 1 2 3

  • LINEで送る

人気ランキング

PAGE TOP ↑