インド式もびっくり!!!2ケタの掛け算を簡単に解いちゃおう。

28,725 views

小学校で習う掛け算の九九。

インドでは2ケタの掛け算まで覚える

というのは聞いたことがありますが、

日本では1ケタの掛け算までしか教わらないので、

2ケタの掛け算になると筆算(ひっさん)

しないと解けないことが多いですよね。

でも、これさえ覚えてしまえば

頭の中で解けてしまう

というイラストを発見しました!

それでは~THINK TIME~です。

頭の中で2ケタの掛け算をする方法

Ⅰ.左側の数字を100から引きます
【100-97=3】

Ⅱ.右側の数字も同様に100から引きます
【100-96=4】

Ⅲ.それら(ⅠとⅡ)を足します
【3+4=7】

Ⅳ.それを(Ⅲ)100から引きます
【100-7=93】
⇒これが答えの左側の数字になります。

Ⅴ.先程の数字(ⅠとⅡ)を掛けます
【3×4=12】
⇒これが答えの右側の数字になります。

97×96=9312
一応他の数字でも確かめてみましょう!

95×93=????
1.左側の数字を100から引きます
【100-95=5】

2.右側の数字も同様に100から引きます
【100-93=7】

3.それら(ⅠとⅡ)を足します
【5+7=12】

4.それを(Ⅲ)100から引きます
【100-12=88】

5.先程の数字(ⅠとⅡ)を掛けます
【5×7=35】

95×93=8835

88×91=????
1.左側の数字を100から引きます
【100-88=12】

2.右側の数字も同様に100から引きます
【100-91=9】

3.それら(ⅠとⅡ)を足します
【12+9=21】

4.それを(Ⅲ)100から引きます
【100-21=79】

5.先程の数字(ⅠとⅡ)を掛けます
【12×9=108】

88×91=8008

※79・108、この場合は79108ではなく、

108の1が左側に合算(79+1=80)

されて80になるんですね。

勉強とは正解を導くだけなく、

その過程を効率化したり

新しい解法を見つけたり

することも大事です。

社会に出て役に立つのは

後者なのかもしれません。

こんなにすごい解法は簡単には

思いつかないですけどね・・・。

考えさせられる記事ですね。

出典元:spotlight

  • LINEで送る

人気ランキング

PAGE TOP ↑