抱き合っている犬の写真。殺処分の順番がまわってきました。「次は私たちの番です。」この写真がSNSで話題となり・・・

6,667 views

とあるシェルターで撮影された1枚の写真。

身を寄せ合い、茶色の犬カーラが、

黒と白のボクサー犬キーラに抱きついています。

ひどく怯えた様子の2匹・・・。

不安と心細さがにじみ出たような眼差しに、

胸がキュッとなります。

 

写真を投稿したのは、

動物保護に尽力する米アトランタの

非営利団体Angels Among Us Pet Rescue。

写真に添えられたメッセージは、

犬のカーラが訴えかけるかたちで記されています。

 

「今日が、今日だけが、

私たちに残された最後のチャンスです。

キーラはとても勇敢だから、

“何があっても大丈夫”と言っているけれど・・・。

彼女の目を見れば、

これから何が起ころうとしているか知っているんだと分かる。

大丈夫なフリをしているだけ。

だって、私にしがみつく彼女の心臓は、

ドキンドキンと今にも張り裂けそう・・・。」
 

「誰かが助けてくれなければ、“次”は私たちの番です…。」

 

同団体はFacebookページに、

この緊急事態を投稿。

抱き合う2匹の写真と共に、

「里親希望の方はすぐコメントをください」と綴り、

投稿のシェアを呼びかけました。

 

 

すると、この投稿からわずか2時間6分後。

 

奇跡は起こりました。

なんと2匹を一緒に受け入れようと

名乗りを上げる男性が現れたのです。

家が見つかっただけではなく、

カーラとキーラは、これからも

一緒に過ごせることになったのです。

 

 

数日後、Facebook上に投稿されたのは、

里親となってくれた男性にじゃれつく、

カーラとキーラの写真。

そして「彼らは無事です!」との一言に続き、

寄付やシェアでの協力への御礼、

そして里親となった男性への感謝の想いが綴られました。

 

今もシェルターには、

迫りくる「死の順番」に怯えている動物たちが

大勢いるのだと思うと、とても胸が痛みます。

もし、ペットを迎える際には、

里親になるという方法も、

選択肢の1つとしてお考え下さい。
 

そして何よりも大切なことは

一度家族になったペットは

最後まで責任をもって家族でいてください。

 

この写真は愛らしく感じますが、

「死の順番」に怯える気持ちを想像すると

こんな写真は二度と見たくありません。

 

考えさせられる記事ですね

  • LINEで送る

人気ランキング

PAGE TOP ↑