「HOPE SOAP」??? 南アフリカの子どもたちの感染症を70%減少させた希望の石鹸とは!!!

2,515 views

南アフリカ共和国のケープタウンにあるスラム街。

衛生環境が悪く、下痢や肺炎、コレラなどの

感染症で毎年多くの方々が亡くなっています。

ただ、感染症の多くは

「石けんで手を洗うこと」で予防できるそうです。

そこで生まれたのが「希望の石けん(Hope Soap)」。

なんと、

感染症を70%減少することに成功しているそうです。

「HOPE SOAP」とは

一体どんな石けんなのでしょうか?

それでは~THINK TIME~です。 

出典元:Brand Buffet

 

石けんを見ると、中にオモチャ

(ハローキティ、ミニカーなど)が

入っていることが分かります。

子どもたちは中に入っている

オモチャが欲しいがために、

頑張って手を洗います。

これなら、子どもたちの

石けんをつけての手洗いが

必然的に習慣化されそうですよね!

「HOAP SOAP」は、WHOにより

配布されているそうです。

感染症という生命に関わる大きな問題を、

子どもたちに楽しさや喜びを感じてもらいながら

解決する素晴らしいアイデアだと思います。

子どもに何かをやらせるときは、

単に頭ごなしに教えるのではなく、

興味を沸かせる工夫が大事なのでしょう。

考えさせられる記事ですね。

  • LINEで送る

人気ランキング

PAGE TOP ↑