【感動実話】息子を救ってくれた迷彩服のヒーロー

342 views

数年前の夏、私は息子(5歳)を連れて家から車で1時間のところにある、自然博物館の昆虫展に向かっていました。

ムシキングの影響で息子はとても楽しみにしていました。

あと数キロと言う地点で渋滞の最後尾に。

止まった瞬間、ものすごい衝撃に襲われました。

後方から来た大型トラックに追突されたのです。

一瞬何が起こったのか理解できませんでしたが、すぐに追突されたと判断できました。

即座に助手席に居た息子の安否を確認しようしたのですが、そこには息子の姿がありませんでした。

子供の名前を叫ぶと、助手席の足元から「痛い」という声が。

息子は衝撃でシートから足元にずれ落ち、挟まれていました。

正直半狂乱になってしまいました。

あのときの私は完全に冷静さを失っていました。

半狂乱の私も足を挟まれて動けない事に気づきました。

動けない私は叫ぶしかなかったのです。

追突から時間にして1~2分でしょうか。

いきなり運転席側の変形したドアを無理やり開けてくれた人たちが居ました。

緑色のヘルメットに迷彩服の数人の自衛隊員。

続きは動画をご覧ください。(動画は記事の初めから流れます)

出典元:涙腺崩壊する話

  • LINEで送る

人気ランキング

PAGE TOP ↑