男性の80%が不正解!?【洗顔後のスキンケア】絶対にダメな行動5つ!!新生活に向けてのスキンケア!

208 views

間違ったスキンケアで、肌トラブルが増えることも?

出典元:news.nicovideo 

 

洗顔・ひげ剃り後にスキンケアをまったくしない…

という男性は、現在は殆ど居ない状態。

化粧水や乳液・クリーム等できちんとスキンケアを

している率の方が多くなっています。

ところがその「ケア方法」が間違っている男性は、

実に80%を超えているのだとか!

しかし、ケアの方法が正しくないせいで、

ベタベタとしたオイリー肌が酷くなったり、

シミ・しわ・たるみなどのエイジングが

進んでしまうこともあるんです。

ここでは多くの男性が間違えてしまいがちな
 
「スキンケアのNG行動」
 
ポイントをご紹介していきます。

出典元:spotlight

 
 
 
 
洗顔・髭剃り後からケアに入るまでに「3分以上経過」
 
 

洗顔や髭剃り後、化粧水等のスキンケアに入るまでに
 
着替えやドライヤー等を優先させていませんか?
 
ウォッシング・シェービングを終えた肌は
 
非常に敏感になっている状態で、
 
できるだけ早いケアをすることが大切です。
 
タオルで水分を取っても肌表面には「水」が多く残っており、
 
通常の状態よりも乾きやすい肌になっています。
 
理想の時間は洗顔・ひげ剃り後30秒以内と言われていますが、
 
遅くても1分以内にはケアを開始したいところ。
  
アレコレとケアを後回しにして3分以上も肌を放置していると、
 
肌の水分はどんどん失われ
 
「シェービング後のトラブル」「シミ」「シワ」等の
 
原因となるのです。
 
 
 
 
 
ローションを「バチバチ」叩いてパッティング
 
 
化粧水を付ける時、軽く叩くように付ける
 
「パッティング」をしようとする人は多いはず。
 
本来の「パッティング」とは「ポンポン」
 
と優しく抑えるような方法を指します。
 
ところが多くの男性が「パッティング」
 
と称して肌を叩いてしまっているのです。
 
肌の皮膚は体の他の部分に比べて非常に薄く、
 
叩く等の軽い衝撃でも大きなダメージを受けます。
 
化粧水はごく軽く「抑える」イメージで付けるようにしましょう。
 
 
 
 
 
「乾燥するから」とクリームだけを増やす
 
 
冬場の乾燥やエアコン対策等で、保湿のためにクリームを
 
増やしているという人もいるでしょう。
 
でも冬の乾燥した風やエアコンで肌から奪われているのは
 
「水分」です。
 
喉が乾いている時に、油を飲む人っていませんよね。
 
まず与えるべきは、たっぷりとした化粧水での
 
「水分」の補給なのです。
 
クリーム等の油分が多いケア製品は、
 
最後に「水分が飛ばないためのフタ」として使用します。
 
油分だけを極端に増やすと肌バランスが崩れ、
 
却ってベタつきやすく乾燥しやすい肌になるので
  
注意が必要です。
 
 
 
 
 
「ベタつくから」と保湿はゼロ
 
 
「ベタつくし、乾燥していないと思う」
 
と保湿をまったくしないのはNG。
 
特に冬場やエアコンが効いた場所での
 
鼻や顎等のベタつきは、実は「肌の乾燥」が原因に 
 
なっていることがあります。
 
水分がなくなり潤いを失った肌が毛穴から
 
過剰に油分を供給し、結果として「ベタベタ肌」を
 
作っていることも多いのです。
 
ベタつきが気になる場合やオイリー肌の場合には、
 
サラッとしたつけ心地のオイリー用スキンケアグッズで
 
軽い保湿をしてみましょう。
 
 
 
 
 
リップクリームを「口閉じ・横塗り」で終了
 
 
リップクリームを口を閉じた状態で
 
横に2〜3回塗って終了…という人は多いですよね。
 
ところがこの塗り方では、乾燥しやすい「唇の内側」と
 
「口角(上下の唇の端)」がまったく保湿されていません。
 
また唇はシワが縦に生まれる箇所なので、
 
横塗りでは皮膚層の奥にまで保湿成分が届かないのです。
 
リップクリームは軽く口を開けて、
 
まず横向きに口角部分まで軽く塗り、
 
中央部は縦方向にも塗っておきましょう。
 
 
 
 
 
正しいスキンケアでスッキリ爽やか肌を作ろう
 
 
 
毎日のスキンケアを正しく行うことで、
 
肌の状態は驚くほど変わってくるものです。
 
 
「何を付けるか」も重要ですが、
 
「どう付けるか」でも肌への効果はまったく違ってきますから、
 
まずは「スキンケアの基本」を抑えて、
 
イキイキとした爽やかな肌で春を迎えましょう。
 
 
男性必見の記事ですね。
 
出典元:vokka

  • LINEで送る

人気ランキング

PAGE TOP ↑