冬の大敵「寒冷蕁麻疹」の原因とは?症状や治療方法!

7,008 views

 
出典元:howcollect.jp
 
蕁麻疹と聞くと、
 
皮膚にぶつぶつが現れる症状のある皮膚の炎症です。
 
実際に蕁麻疹が発症した経験のある人は多くいると思います。
 
では寒冷蕁麻疹という蕁麻疹はご存知でしょうか?

文字通り寒い季節に多く発生する蕁麻疹なのですが、
 
特に原因がわからないまま蕁麻疹が現れてしまうので、
 
何かアレルギーではないのかと疑ってしまうこともあります。

寒冷蕁麻疹で悩んでいる人や改善したいと
 
考えている人はぜひ読んでみてください!

 
 

 
 
 
寒冷蕁麻疹とは?
 
◆症状

・赤くなる

・痒くなる

・腫れることがある

といった症状が挙げられます。
 
症状に関していえば、通常の蕁麻疹とほとんど同じだと言えます。

◆寒冷蕁麻疹が起きやすい人

心当たりのある方は改善するようにしてください。

・寒がりな人

・鳥肌がでやすい人

・汗をかきやすい人

・冬場に厚着をして汗をかく

といった人が挙げられます。
 
寒い環境に弱い人は寒冷蕁麻疹が起きやすいようです。

 

◆寒冷蕁麻疹が起きる原因

寒冷蕁麻疹が起きる原因は、二種類あります。

自分の体温よりも低い気温や冷たい水に触れた時に起きる、
 
体温が下がってしまったのを温めて体温が上昇した時に発生する
 
場合の2種類です。
 
急激な温度差を感じた時に発生するのが寒冷蕁麻疹なのです。
 
 

◆ヒスタミンの放出

では、どうして温度差を感じた時に蕁麻疹が発生するのか。

急激な温度差が生じると、体内にある肥満細胞から
 
「ヒスタミン」という物質が放出されます。
 
このヒスタミンが放出されると、
 
血管内にある血漿を排出するので
 
皮膚に赤みや腫れが発生してしまうのです。

さらに、一番強く感じやすいのが皮膚のかゆみです。
 
ヒスタミンが神経を刺激してしまうことが原因で
 
かゆみを感じてしまう原因になります。
 
 

◆寒冷蕁麻疹が発生しやすい環境は?

どういった時に寒冷蕁麻疹が発生しやすいか。

・冬場に温かい部屋から、外に出た時

・冬場にお風呂から脱衣所に移動した時

・冬場に運動をした後

・夏のプールの後

・クーラーが効いた部屋から暑い外へ出る

・冷たい飲み物を持ったり、飲んだりする

といったことが挙げられます。
 
個人差があるので、
 
かなりの温度差を感じた時にしか症状が現れない人もいれば、
 
低い温度差でも症状が現れる人もいます。
 
 

◆寒冷蕁麻疹の対処方法

寒冷蕁麻疹が発生した場合の対処方法。
 
間違った対処をしてしまうと症状が悪化してしまう
 
恐れがあるので気をつけましょう。
 
 
・冷さずに温める

ただの蕁麻疹であれば、
 
冷やすことで症状を緩和できる場合がありますが、
 
寒冷蕁麻疹の場合は冷やしてしまうと症状が
 
悪化してしまうことがあります。

寒冷蕁麻疹が発生した場合は、
 
冷やさずに温める対応をしましょう。
 
体温に近い温度にすることで肌への刺激が和らぐので
 
症状が緩和されます。
 
ただし、温めすぎて汗をかいてしまうと
 
温度が下がってしまうので注意してください。
 

・温度差を減らすようにする

温度差が発生することで症状が現れるので、
 
なるべく温度差を減らすことで寒冷蕁麻疹が
 
発生するのを防ぐことが出来ます。

お風呂に入る際は、脱衣所と風呂場で大きな温度差が
 
発生しやすいので、なるべく早く着替えるようにしましょう。
 
また、あらかじめ脱衣所を暖かくしておくのも良いでしょう。

冬場に運動を行う際は、急に止めるは避けましょう。
 
運動をして体温が上がっている時に、
 
止めてしまうと一気に冷えてしまい寒冷蕁麻疹が
 
発生してしまうことがあります。
 
クールダウンを行って少しづつ体温を下げましょう。

冬場だけでなく夏も温度差には注意してください。
 
あまりクーラーが効きすぎた部屋でいると
 
温度差が発生しやすくなるので、
 
部屋を冷たくし過ぎないようにしましょう。
 
さらに、冷たい飲み物を一気に飲んだ時に
 
寒冷蕁麻疹が発生してしまうこともあるので、
 
ゆっくり飲むことを意識してください。
 
 

◆乾燥肌を改善する

乾燥肌の人は、皮膚が刺激に弱いために寒冷蕁麻疹を
 
発生しやすくなるので、改善するようにしましょう。
 
乾燥肌の原因としては、

・偏食

・ストレス

・紫外線

などが挙げられます。
 
冬場になると、周りの空気も乾燥してしまい乾燥肌が
 
悪化してしまうことが多くあります。
 
改善方法としては、

・運動をする

・乾燥肌に良い食事を行う

・保湿をしっかりと行う

などが挙げられます。
 

◆薬を使う

温めたり、時間が経っても症状が改善されないという場合は、
 
薬を使用して症状を抑えるという方法があります。

ヒスタミンの放出を抑制する効果のある
 
抗ヒスタミン薬を使用することで、
 
かゆみや赤みなどの症状を防ぐことができます。
 
しかし、
 
症状が治まったからといって急に使用を止めてしまうと、
 
再び症状が現れだすこともあるので
 
自己判断で使用を止めるのは控えてください。

また、抗ヒスタミン薬には副作用があるので
 
注意が必要です。
 
ヒスタミンは、日中の睡魔を防いだり記憶する力を 
 
効果的にするのに必要な物質です。
 
そのため、抗ヒスタミン薬でヒスタミンの分泌を
 
抑制してしまうと、集中力が低下したり、
 
仕事や勉強の効果が落ちてしまうことがあります。

そういった状態が続くようであれば、
 
処方してもらった病院へ相談に行きましょう。
 
抗ヒスタミン薬は何種類か存在するので、
 
違うタイプの抗ヒスタミン薬を
 
処方してもらいましょう。

自分が寒冷蕁麻疹だと気づいてないまま
 
生活している人も多くいます。
 
症状が出てもすぐ治まる場合は
 
あまり心配する必要はありませんが、
 
長引いたり頻繁に症状が現れるようであれば
 
一度病院へ行って適切な処置を受けましょう!

これからの寒い冬は色々対策が必要です。
 
考えさせられる記事ですね。
 
出典元:hapila.jp

  • LINEで送る

人気ランキング

PAGE TOP ↑