知らなかったー・・・。あなたに何かを「伝えたい」ときのワンちゃんの行動12選

58,601 views

ワンちゃんは人間の言葉が話せません。

だからこそ、

態度や仕草であなたに語りかけてきています。

わかってあげれば、

もっとお互いを理解できるかも・・・。

そんなワンちゃんが

「何かを伝えたい時の行動12選」

をご紹介します。
 
 
 
 
1. 定期的にアイコンタクト

目を見つめるのは、強い愛情表現のサインです。

「大好き〜」なんて目で伝えてきているのかも。
 
 

2. 何かを持ってくる


狩猟本能の名残で、あなたに好きなものを持ってきて喜んでもらおうとしています。

喜んで受け取ってあげましょう。
 

 
3. 片足をあげる


片足を上げ頭を下げていたら、これも狩猟本能の名残です。

大好きなあなたを、ゲットしようとしているんです。
 
 
 
4. 前屈みになって、体を小さく見せる


何かに怯えているサインです。

近くに何か怖いものがあるかもしれません。
 
 
 
5. 首をかしげる


耳の位置を変えて、もう一度聞かせてというサインです。

もう一回ゆっくり話してあげれば、喜ぶかも。
 
 
 
6. 家具を噛む


これは退屈しているサインです。

人を噛まないように躾けていると、余計ストレスが溜まって家を破壊します。

散歩や、運動をさせてあげましょう。
 
 
 
7. 足の上に座る


あなたの近くにいることで、存在を主張し、甘えています。

何かを嫉妬していることもあります。
 
 
 
8. 眠くないのにあくび


あくびはストレスや恐怖を表していることもあります。

もし眠たくないのにあくびをしていたら、気をつけてあげてください。
 
 
 
9. 寄りかかってくる


これは人で言う抱きしめる行為と一緒。

あなたにくっついていると安心します。
 

 
10. 舌をチロチロする


見知らぬ人の側で舌をチロチロしていたら、それは不安感の表れです。

またあなたに従順な犬の場合、あなたをなだめようとしていることも。
 
 
 
11. 自分の足を舐めてる


人間が指をしゃぶるのと同じで、何か不安なことがあるサインです。

不安感や緊張感、ストレスが溜まると足を舐めることがあるんです。
 

 
12. お尻をくっつけてくる


お尻をくっつけてきたら、それはリラックスしている証拠です。

自分の急所を差し出しているので、あなたのことを心から信頼してると言えるでしょう。
 

出典元:curazy.com
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あなたの愛犬との生活の中にも思い当たることってありませんか?

わたしは 「足の上にのる」に共感しました!!!

  • LINEで送る

人気ランキング

PAGE TOP ↑