海外譲渡される南武線の205系。車掌の「最後のアナウンス」に感動の涙!!!

5,761 views

JR埼京線や横浜線で活躍してきた205系。

JR東日本は今年4月、南武線で使用してきた120両を

インドネシアの「ジャカルタ首都圏鉄道」(KCJ)に譲渡すると発表しました。

少しずつ譲渡を進めてきましたが、12月6日夜に最後の車両が営業運転を終えました。

終点を前にして流れた車掌のアナウンスが

「感動的」「泣いた」と話題になっているので紹介します。

それではどんなメッセージだったのでしょうか?

画像元:keikyuunew1000

終点の武蔵中原駅が近づくなか……

川崎駅(神奈川県)と立川駅(東京都)などを結ぶ南武線。

譲渡される最後の車両の最終運行があったのは12月6日。

最後の車両ということもあって、11月16日から「南武線→海外譲渡」

と書かれたヘッドマークをつけて運行していました。

また、車内には幼稚園児や保育園児が描いた絵や

205系の塗り絵などを展示。そのままにしてジャカルタへ譲渡されます。

終点の武蔵中原駅が近づくなか、こんなアナウンスが流れました。

ただいまご乗車いただいておりますこの車両は、本日をもちまして南武線の営業運転から引退し、今後はインドネシア・ジャカルタに渡り、走り続けることとなります。まもなく終点の武蔵中原です。電車をお降りの際は、お忘れ物のございませんように、また、この電車との思い出もお持ち帰り頂けたら幸いでございます

アナウンスを聞いた乗客たちが、ツイッターにそのときの様子を投稿すると、

「車掌さんの言葉に感動」「泣けた」「号泣」といったコメントが寄せられました。
 
 

このことについてJR東日本に聞いたところ、こんな回答が寄せられました。

「実は12月6日に最終日を迎えた当該車両では終日、このようなアナウンスをしていたんです。

最終列車だけではありません。長らく南武線205系をご愛顧いただいたお客さまへの感謝の気持ちを込めました。

こうした反響をいただけたことを、ありがたく思っています」

出典元:withnews
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「思い出もお持ち帰りいただけたら・・・。」

すごくいい言葉ですね。

毎日、通勤通学で使ってきた方々には思い出いっぱいの車両でしょうね。

ジャカルタでの活躍を期待します!!!

  • LINEで送る

人気ランキング

PAGE TOP ↑