難病で歩けない親友を、3年間も背負い続けた中国の高校生の話

7,780 views

難病「筋ジストロフィー」を

患い歩けなくなってしまった親友を、

3年間も背負い続けた

中国の高校生が話題になりました。

※「筋ジストロフィー」とは筋肉が委縮して

歩行や自分の体を支えることが

困難になってしまう難病です。

 
それでは~THINK TIME~です。

 

中国江蘇省北部の徐州市にある

大許高校に通う謝旭くん(18歳)は

入学して間もなく、

「筋ジストロフィー」を患っている

張馳くん(19歳)に出会いました。

2人は学生寮で一緒に暮らしています。

謝旭くんは、学校への登下校をはじめ、

掃除や洗濯、食事など生活全般にわたって

張馳くんをサポートしています。

張馳くんの手となり足となり、

決して大きくはない体(身長173cm、体重75kg)の力を振り絞り、

どこに行くにも張馳くんを背負い続けました。

 

教室の往復や登下校などで、

毎日10数回は張馳くんをおんぶしているそうです。

日々、2人の姿を見続けていた教頭先生は、

「家族や親戚ではないにも関わらず、

3年間も背負い続けたことに心を揺さぶられている」と、

感銘を受けているようです。

 

大学進学という目標に向けて

2人はとても勤勉で学業も優秀のようで、

クラスではトップの成績をおさめているそうです。

また、謝旭くんが毎日背負い続けて通学したこともあり、

授業を落としたこともないそうです。

 

 

謝旭くんも素晴らしいですが、

それに応えて勉学にともに励む

張馳くんの頑張りも素晴らしい。

今後は大学への進学に向けて希望を

持って毎日を過ごしているようです。
 

「利他の心」 
 

その気持ちは誰もにあっても、

ここまでの行動はなかなかできません。

そこには二人の友情が根底にあるのでしょう。

考えさせられる記事ですね。

出典元:mail online

  • LINEで送る

人気ランキング

PAGE TOP ↑