「Youtuber」になるには、どんな勉強をすればいい??? 果たしてまだ儲かるの???

1,592 views

ある高校生の質問への大学ジャーナリストの回答が話題になっています。

そして、そもそもユーチューバーって仕事として成り立つのでしょうか・・・。
 
 

出典元:feedforce

質問:初めまして。高校2年生男子です。おもしろ動画を見るのが好きなので、最近人気のHIKAKINのようなユーチューバーになりたいと思っています。大学に進学するとしたら、情報系学部の方がいいでしょうか?

回答:2ちゃんねる・ひろゆきとの対談動画でフルボッコにされたことが、今でも話題になる石渡です。それなら「動画サイトは嫌いか」と言えばそんなことはなく、おもしろ動画はよく見ています。

■ユーチューバーに高度な編集技術は必要ない

今回は、ユーチューバーになるために情報系学部へ進むべきか、というご質問です。

学部のこと以外に、ユーチューバーの職業やビジネスモデルについても

考えたほうがいいと思いますので、その2点についてお答えします。

そもそも、動画は誰でも簡単に投稿できるはず。

特殊な音響・照明などを使う、ということであれば、

美術・演劇・メディア関連の学科が適しています。

しかし、簡単に投稿できる動画でよければ、情報系学部への進学が絶対条件ではありません。

情報系学部に進学すれば、多少の編集技術は学べるでしょう。

しかし、ユーチューバーにとって、編集技術の有無よりも、

面白いコンテンツを作れるかどうかのほうが重要です。

そして、おもしろ動画を作る企画立案能力は教わるものではありません。

初歩的なものならまだしも、最後は自分で身に付けていくしかないのです。

ということは、情報系学部であっても、それ以外の学部であっても関係ないということになります。

「なんだ、どこでもいいのか!」というあたりで回答を終えてもいいのですが、

私が気になるのは、むしろ、ユーチューバーという職業そのものについてです。

おもしろ動画を投稿して話題を集めて、ヒット件数を増やしていく。

その件数に応じたインセンティブをもらい、それで生計を立てる、というのがユーチューバーです。

一時、YoutubeがHIKAKINやバイリンガールらが登場する「好きなことで生きていく」というCMを流していました。

あのCMを見て、「よし、自分も!」と考えた中・高生も少なからずいました。
 
 
 

■ユーチューバーに4つのリスク

しかし、これからユーチューバーとして参入するのには、大きく4つのリスクがあると考えています。
 

1)ネタの出尽くし感とそれに伴う過激化

実は、先行するユーチューバー成功者たちもネタがどんどん出尽くしているのです。

それでも、成功したユーチューバーなら、スポンサー探しも可能です。

たとえば、入浴剤を扱うメーカーや卸会社に交渉。

それで入浴剤を無茶に100個くらいまとめて使ってみる。

最後にはその入浴剤のリンクを貼っておく。

そうすれば、それなりの金額はスポンサーから引っ張れます。

実際、トップクラスのユーチューバーは、企業とスポンサー契約を結ぶことで、収入を獲得しています。

しかし、あなたのように、これから新規参入する人は

最初からスポンサー契約など望めるはずもありません。

地道に再生回数を増やせる工夫を凝らしていくしないのです。

そのために、コンテンツの内容はどんどん過激化していくはずです。

2015年5月には、善光寺の境内にドローンを飛ばしたユーチューバーの中学生が逮捕されました。

彼はほかにも、親とのケンカなど、かなり痛々しい動画を流していました。

それによって、中学生にしては結構な金額を稼いでいたようですが、

同様のことが何十年も続けられるわけがありません。

過激化とはドローン少年のようなものばかりではなく、

アニメやテレビ番組などを勝手に投稿する違法行為も含まれます。

あるいは、「マリオメーカー」のようなゲームで難しい場面をクリアしようと、何時間、何十時間も費やす。

これだって「過激化」に含まれるでしょう。

私や視聴する側からすれば、難しい場面をクリアする様子を見れば、

「おお、すごい」と思います。それで、再生回数もしばらくは増やし続けられるでしょう。

しかし、その代償として、莫大な時間を費やすことになります。

その時間に見合う金額を、本業として稼げるまでになれるのでしょうか?

そもそも、「マリオメーカー」1本で何年も持つわけがありません。
 

2)ユーチューバーの収入源が実に不安定であること

かつては「動画再生回数×0.1円」程度の収入が見込めましたが、

現在の相場は係数0.1が0.05~0.025円まで切り下がっているとの報道があります(係数は個人によって差がある)。

これは、なかなか怖い話です。

例えば、5000万回再生回数があっても、年500万円稼げる年もあれば、

250万円とか125万円にしかならない年もありうるということです。

500万円稼げると思っていて、贅沢して、機材なども買っていたら、

翌年はヒットに恵まれず、大幅な支出超過に陥ってしまう。

怖いと思いませんか?

Youtubeをはじめ、動画サイトの運営会社からすれば、

いくら再生回数が多くても広告が集まらなければ、再生報酬を減額するのが当たり前。

このように、運営会社次第で収入が減らされるのは大きなリスクです。
 
 

3)お笑い芸人や俳優などの有名人の参入

有名人でコンテンツを作る能力が高い人が参入したらばどうでしょうか。

アマチュアの作る面白動画など、あっと言う間に吹き飛んでしまうはずです。

実際、YoutubeのCMでも、2015年6月には日本エレキテル連合が出ていました。

また、有名人の場合は無理やりに動画配信をヒットさせなくてはならない、ということではありません。

副業としつつ、本業にもつなげる、という形でいいわけです。
 
 

4)アマチュアの新規参入者の増加

動画配信は簡単にできてしまいます。

あなたのように、ユーチューバーとして一攫千金を、と考える人は今後もどんどん出てくるでしょう。

ユーチューバーとまで行かなくても、面白動画をちょっと流してみたい、という人だっています。

先ほど、有名人の参入もリスクに挙げましたが、新たなアマチュア参入者も競合激化という脅威を招くのです。

こうしたリスクを考えると、本業としてのユーチューバーは全くお勧めできない職業です。

何か別の本業を持ち、そのうえで副業としてユーチューバーの顔を持つほうがいいでしょう。

単に趣味程度、ということで実施するなら、マリオメーカーでもUFOキャッチャーでもいいのですが、

無理に面白くしようとしないことです。

「多少のお小遣いを稼げればラッキー」くらいに、とどめておいたほうが無難です。 
 
出典元:toyokeizai

世の中、簡単に稼げる仕事なんてそんなにないはずです。

時代が求めるものは変化します。

その変化にあった新しい形がユーチューバーにも求められる時期が来るのかもしれませんね。  
 

  • LINEで送る

人気ランキング

PAGE TOP ↑