「休めない!!!」日本人がどうにか休むためのコツ

1,442 views

出典元:nmjyouhou.com

なぜ欧米の国々ではバカンスがとれるのか?

数か月休みを取るって、そんなことをしたら会社がつぶれてしまう。

これは国民性なのか?

欧米ではお店を休みにすることに寛容なのか?

どう考えても日本では想像できない。
 
そんなことを考えていると東洋経済で面白い記事があったので紹介します。 
 

 
 
 
 
 

「休む=悪」

日本企業には多かれ少なかれ、総じてこのような風潮が蔓延している。

2014年の年休取得割合が47.6%(常用雇用30人以上、厚生労働省調べ)と、

100%近い国もある欧州や70%台のアメリカなどと比べて、

依然として低水準な日本だが、それが報われていないことは、

10月31日配信の「『休めない』日本人の生産性が著しく低い理由」で指摘し、

多方面から反響を得た。
 
 
 

政府や会社が休暇を推奨しても現場では…

日本では政府や会社が従業員に休暇を推奨するようになってきたものの、

いくら「有給休暇を取りなさい」と叫んでも、

現場はそうはいかない場合がほとんど。

むしろ、組織による仕事量のマネジメントもなく、

有休取得目標値達成のためだけに有給休暇を「強制」される職場も多いようである。

結果的にほかの日が残業になる、自宅に仕事を持ち込まざるをえないなど、

本来の有給休暇の目的から外れた、本末転倒ともいえるひずみが生じている。

「睡眠時間をちゃんと取ろう」

「年休を申請しよう」

「休憩をこまめに取ろう」。

長い時間を働くことが評価されがちな日本企業の悪弊について、

筆者は疑問を投げかけ、こうした呼びかけをしているものの、

正直なところ

「ずっと前から言われていることで、しょせんは何も変わらない」という無力感、

あるいはスローガン的なそらぞらしさを感じる人も少なくはないかもしれない。

正面突破がなかなか通用しないのは、いつまでたっても

日本企業の年休取得率が上がらない事実を見ても明らかだ。

ならば、「なかなか休めない」と割り切ったうえで、

まったく別のアプローチから「休む」ことを考えてみよう。
 
 
 

最新技術を駆使すれば、パフォーマンスを上げつつ、

効率的かつ健康的な休憩方法も可能だ。

実際にそれを模索している企業も増えてきている。

スポーツやフィットネスのときに着用する、コンプレッションウェア。

見た目はピチピチでキツく見えるが、適度に体を締め付けて血流を促進し、

筋肉にたまった疲労物質を速やかに循環させて、疲労を軽減する働きがある。

このコンプレッションウェアを効果的に導入しているのが、

リクルートホールディングスの事業会社の1つである「リクルートライフスタイル」だ。

同社は2014年11月に、コンプレッションウェアブランド「SKINS」が手掛ける

「PCスーツ」を、一部の職員に配布する試みを実施した。

このPCスーツは、ランナーが着用するコンプレッションウェアと同じような目的だが、

デスクワーク時や就寝時など身体をアクティブに動かしていない時に適した締めつけに設計されているため、

デスクワークの疲労軽減にも適している。スポーツからヒントを得た、疲労対策である。

こういった新しい工夫を導入する際には、トップの判断も重要だが、

なによりユーザーである社員の評価が重要である。

この「PCスーツ」については、東洋経済オンラインでも

2014年11月に取り上げた(仕事の効率を上げる『PCスーツ』の正体)ことがある。

この記事で、リクルートライフスタイル・ネットビジネス本部の大宮英紀執行役員は、

「楽しんでもらえるサービス、役立ててもらえるサービスを作って人々に提供しているわけであり、

オフィスに閉じこもって世の中と断絶されている状態では、いい仕事はできない」

とコメントしている。
 
 
 

「疲労がたまりやすい働き方」をする人が多い

「オフィスに閉じこもって」は、身体・精神両面において現代型疲労を象徴する表現だ。

デスクからほとんど動かず、誰ともしゃべらずPC画面を見続けながらコーヒーでも飲む。

仕事と休憩のメリハリはまったくない。

体は動かさない割に、疲労はたまりやすい働き方だ。

このような「オフィスに閉じこもって」を象徴するような調査結果が、

2013年のデスクワーカーの実態調査によって確認されている。

この調査では、デスクワークの疲労を感じたことのあるビジネスパーソンは87.6%にも上った。

さらに、疲労を軽減するために行った対策で最も効果のあったものとして

「定期的な運動」を挙げた人が58.8%にのぼる一方で、

40%の人が「帰って寝るだけの生活」と、運動の効果を実感していながらも、

結果として何もできていないビジネスマンの実態が明らかになっている。

「運動は健康にいい」ことは頭では十分わかっていても、

実践できていない人が半数弱存在するという事実は、重くとらえなければならない。

組織の健康と健全な経営の双方を維持していこうという「健康経営」も「投資」である以上、

従業員の医療費軽減などの「効果」が求められる。

運動したくてもできない人に、「運動しろ」とかけ声ばかりかけ続ける精神論では寂しい話である。

半数弱にも上る「運動で対策しようとは思っていても、帰って寝るだけ」

になっている従業員への働きかけが重要なのはいうまでもない。

PCスーツの配布は「帰って寝るだけの生活」からの現実的な解決を狙った、

仕事をしながら“休む”施策とも言えるだろう。

ただ、こういった科学技術の導入はもちろん注目すべきだが、

「ハイテクがあるから、休みはなくても仕方がない」となっては、本末転倒である。

技術の進歩は、休みなしで働けるサイボーグを養成することが目的ではない。

絶対的な「休み」が必要であることはいうまでもない。

一方、運動が重要という観点にとらわれすぎると、別の問題も出てくる。

健康経営の継続性を考えた際、いかに適度にほどほどに“サボらせる”かも重要な視点だ。
 
 
 

「ほどほど」は仕事でも有効

この「ほどほど運動」の有効性は科学的にも実証されている。

運動をした際に疲労の原因となる「疲労因子FF」が産出されるが、

同時にこれを弱める善玉ともいえる「疲労回復因子FR」というものが産出され、

程度の軽い運動ならば「疲労回復因子FR」の働きが強まるのである。

この「ほどほど」をうまく組織制度に採り入れ始めた企業も現れてきている。

「頭の悪い人向けの保険入門」など独特のWEBコンテンツ企画を手掛けるバーグハンバーグバーグでは、

就業中に2時間までなら昼寝をしたり、銭湯に足を運んだりすることも認められている。

こういった制度導入の理由について、代表取締役のシモダテツヤ氏は

「会社員時代に、すごく眠かったときに『もうこんな眠いんじゃ仕事にならないから、いっそ寝てやろう』

と思ってトイレの床で寝ていたことがあった。

それがきっかけで、起業した弊社では『2時間までなら昼寝OK』というルールをつくった」と語っている。

こういった就業中の休息の有効性は、俗に「段取り脳」と呼ばれる「ワーキングメモリ」の機能回復など

さまざまな形で実証されており、未だに「休むことは悪」という概念を払拭しきれない日本においても、

ようやく企業側が「休む」を有効に採り入れる兆しが見え始めたといえる。

「休みなさい」「寝なさい」というかけ声ばかりでは、何も進まないのが実情である。

知恵やハイテクを駆使しつつ、最終的にはトップと現場の「仕事」「休み」に対する共通理解を作っていくのが、

もっとも基本的な「健康経営」の考え方なのではないだろうか。

出典元:東洋経済

やはり根本解決には難しいようですね。

これもまじめな日本人の誇れる気質なのかもしれません。

そこで「休む」ことにフォーカスしたのはおもしろいですね。

質の高い「休み」がみなさまの仕事の効率を高め

みなさまの人生の幸せにつながることを願います。

  • LINEで送る

人気ランキング

PAGE TOP ↑