「オードリー・ヘップバーン」が残した心に響く言葉たち

8,219 views

オードリー・ヘップバーンは、

イギリス人で、アメリカ合衆国の女優。

ハリウッド黄金時代に活躍した女優で、

映画界ならびにファッション界の

アイコンとして知られる。

米国映画協会 (AFI) の

「最も偉大な女優50選」

では第3位にランクインしており、

インターナショナル・ベスト・ドレッサー

にも殿堂入りしている。

女優引退後もユニセフ親善大使として

活動してきた彼女が残した

印象に残る言葉を集めてみました。
 
 
 

「何よりも大切なのは、人生を楽しむこと、幸せを感じること、それだけです。」

「子供より大切な存在なんてあるかしら?」

「チャンスなんてそう多くめぐってくるものではないわ。だから、いざめぐってきたら、とにかく自分のものにすることよ。」

「魅力的な唇のためには優しい言葉を紡ぐこと。愛らしい瞳のためには人々の素晴らしさを見つけること。」

「成功は誕生日みたいなもの。 待ちに待った誕生日がきても自分はなにも変わらないでしょ。」

「わたしの最大の願望はいわゆるキャリアウーマンにならずにキャリアを築くことです。」

「威張る男の人って要するにまだ、一流でないってことなのよ。」

「もし結婚するならどっぷりと結婚していたいの。」

「一個の道具のように自分を分析しなさい。自分自身に対して100パーセント率直でなければなりません。欠点を隠そうとせずに正面から向かい合うのです。」

「美しい身のこなしのためには決して一人で歩むことがないと知ること。」

「死を前にしたとき、みじめな気持ちで人生を振り返らなくてはならないとしたら、いやな出来事や逃したチャンスやり残したことばかりを思い出すとしたら、それはとても不幸なことだと思うの。」

 
 
 
出典元:matome.naver.jp

今もなお最も美しい女優と称賛される

オードリー・ヘップバーンの言葉だからこそ

胸に響くものがありますね。

  • LINEで送る

人気ランキング

PAGE TOP ↑