明石家さんまが30年間も持ち続けた「千円札」の話に感動!!!

84,578 views

出典元:youplace

2015年11月22日に放送された

「誰も知らない明石家さんま 史上最大のさんま早押しトーク」。

そこで明かされた、明石家さんまさんの

「千円札にまつわるエピソード」があまりにも感動すると話題になっています。
 
 
 

30年前のある日、さんまさんがお財布を開いてお金を勘定していると、

千円札にメッセージが書かれていることに気づきました。
 


 
 

さんまさん!

いつかあなたの手にとどくことをねがってます。

大好きです

 
 

お札にメッセージを書いたのは、

当時15歳だったとある女子中学生。

「千円札なら巡り巡ってさんまさんのところにたどり着くのでは」

と考えて行ったことなのだそうです。

(※お札に文字を書くことは禁止されています)。

このメッセージが書かれたのは東京。

それがいろいろなところを旅した後、

なんと大阪にいたさんまさんのところに本当にたどり着いたのです。

その千円札を見て感動したさんまさんは、

その千円札を使うことなく大事に持ち続けたそうです。

この「千円札レター」を書いてくれた人と会ってみたいと思いつつも、

その願いは叶わず、30年というときが過ぎました。

そして

さんまさんの長年の想いが、ついに成就する日がきました。

なんと「史上最大のさんま早押しトーク」にて、

その千円札レターを書いた本人と感動の対面を果たしたのです。

その女性は看護師の「加藤英美」さん。

加藤さんがテレビを観ていたある日のこと、

さんまさんがこの千円札レターのことを話していて、

その時「その手紙を出したのは私だ!!」と思ったそうです。

その後受けた筆跡鑑定にて、

加藤さんがこの千円札レターを書いた本人だと証明されました。

そしてスタジオでついに初対面となり、

さんまさんは30年間探し続けた当時15歳の中学生を見つけることができたのです。

加藤さんは憧れのさんまさんに「ぎゅっとしてくれますか?」とお願いをし、

さんまさんは照れながら「お言葉に甘えまして」と言い、

彼女をぎゅっと抱きしめました。


実はさんまさんはこの”奇跡の千円札”の話をテレビやラジオで時折り話をしていました。

時には真面目に、時には笑いを織り交ぜて”奇跡の千円札”の話をし続けてたのですが、

加藤さんはそれから看護師となり結婚して普段は仕事に家庭に追われて

忙しい毎日を送りなかなかテレビを見る暇がないらしく

上述の通りたまたま家事をしながらテレビを見た時に

自分の書いた千円札を今でもさんまさんが持ってくれていることを知ったそうです。

話を続けるさんまさんも奇跡を願っていたのでしょうし、

それを30年経ったとはいえたまたま見た加藤さん。

千円札が回り回ってさんまさんの元に届くのも奇跡ならば

30年経って対面できたことも奇跡です。

さんまさんはやはり凄いです!

60歳を過ぎてもお笑い怪獣として走り続けて、

きっと素敵に歳を重ねていくでしょう。

出典元:spotlight

  • LINEで送る

人気ランキング

PAGE TOP ↑