夢叶う!!!競技中に下半身麻痺の男性を背負って・・・大会失格になりながらもとったサーファーの行動に涙が止まらない・・・

11,053 views


 

 

マーティン・パセリは5度に渡って

アルゼンチンチャンピオンとなった

実績を持つプロサーファー。

彼がアルゼンティーナサーフ

チャンピオンシップ大会中にとった行動が

大きな感動を呼び話題になっています。

 

マーティンをビーチから見つめる

車いすに腰掛けたひとりの男性。

彼の名はニコラス・ガレゴス。

ニコラスは18歳のときに事故に遭い

腰から下の自由を失ってしまいます。

ニコラスは「波に乗りたい」という夢を

20年もの間思い描いてきましたが、

この日ついにその夢が叶うこととなります。

 

出典元:McCann Worldgroup Latam

 

ニコラスの肩を撫でながら

話しかけるマーティン。

そしてマーティンは

ヒート中ニコラスを海に連れ出し、

ニコラスを背負ってテイクオフを試みます。

その重みに歯を食いしばりながら

やっとの思いで立ち上がることに成功し、

ついに「波に乗りたい」という

ニコラスの長年の夢を叶えるに至ったのでした。

 

ライディング後はこの2人のみならず、

他のサーファーも駆け寄って

ニコラスの夢の成就を抱き合って祝福します。

 

 

彼はこのライディングによって

このヒートを失格となりますが、

以下のように語っています。

 

「確かなのは私が負けたわけではないということ。

あの波は最高の波であったとともに、

私の人生における最高の勝利であったと信じています。」

 

夢は叶うものです。

それは一人で叶えるものもあれば

誰かの助けをかりるものもあります。

でも

夢を叶えるためにはそれを

あきらめない心が必要です。

  • LINEで送る

人気ランキング

PAGE TOP ↑