飯島愛さんのブログ閉鎖。ファンからは死後も7万件以上のメッセージ。

1,580 views

出典元:LAUGHY

タレントの飯島愛さん(享年36歳)の

ブログ閉鎖まであと1日と迫った2015年10月30日、

コメント欄には「ありがとう」の文字が並んだ。

愛さんだけでなく、亡くなってから7年間

このブログを管理してくれた

飯島さんの両親に向けてのものだ。

飯島さんが使っていた「アメーバブログ」を運営する

サイバーエージェントは、閉鎖は31日23時59分になると明かした。

飯島さんがブログ「飯島愛のポルノ・ホスピタル」を始めたのは

2005年9月18日付けの「はじめまして。はじめました。」。

そして2008年12月5日付けの「凄い人だったよ」で更新は止まった。

出典元:飯島愛のポルノ・ホスピタル

飯島さんは2007年3月に芸能界引退を発表し

ボランティアなどに活動を移したため、

ファンとの最大の接点はこのブログになった。

飯島さんとファンはブログ記事とコメント欄で絆をつないでいた。

更新は2008年12月5日で止まり、ファンの耳に届いたのは、

自宅で死んでいるのが見つかった、というニュースだった。

2008年12月24日に発見され、死後1週間ほどが経過していた。

死因は肺炎と発表された。

飯島さんが死んだ後もブログは運営され続けた。

ファンは2008年12月5日付けの

最終記事のコメント欄にメッセージを送り続けた。

その数は2015年10月30日午後4時半現在で7万1869件ある。

ブログの閉鎖が発表されたのは2015年9月18日。

飯島さんの死後にブログを運営管理していたのは飯島さんの両親。

死んですぐにブログを閉鎖するのは娘に対してしのびないし、

ファンから閉鎖をしないでほしいという手紙が来たからだという。

自分の娘が今でも生きているかのように

ファンが語りかける様子を見て感謝をしていた。

ただ、年齢が70歳を超え自分にもしものことがあったら

ファンに迷惑をかけてしまう。

「元気なうちに区切りをつけなくてはと考えた」

と父親はインタビューで語っていた。

閉鎖は飯島さんの誕生日の10月31日と決めた。
 

「惜しむ声は多いが、ブログの管理者の申し出があればそれに従う」
 

明日の閉鎖を控えた2015年10月30日には惜しむ声と

たくさんの「ありがとう」の文字がコメント欄に並んだ。

飯島さんとブログをこれまで管理してくれた

飯島さんの両親に対してのものだ。

「私の中で愛ちゃんは生きてます。

毎日いろいろ辛いけど頑張ります。

ありがと。愛ちゃんのご家族の皆様有難う御座いました」

「愛ちゃんのご両親様。ブログの管理ありがとうございました。

愛ちゃんの笑顔、本当に本当に忘れません。

愛ちゃん、ありがとうございました。

どこかで見てるかな?愛ちゃん、大好きです」

「愛ちゃん、子どもができました。

これから報告する場所がなくなるのは寂しいけど…。

空から見守っていてね。愛ちゃんずっとずっと大好きだよ」

などといったコメントが付いている。

「アメブロ」を運営するサイバーエージェントの広報によると、

閉鎖は2015年10月31日23時59分だという。

惜しむ声は多いが、

ブログの管理者の申し出があればそれに従う事になる、と説明した。

飯島さんのブログが書籍などになり形を変えて残るかという質問には

「そういう話は聞いておりません」ということだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

死後もこんなに多くのメッセージが届くのは

愛さんの人徳ですね。

ご両親に感謝するとともに

愛さんの笑顔を忘れずに生きていこうと思います。

  • LINEで送る

人気ランキング

PAGE TOP ↑