付き合ってはいけない有害な人物の『10の共通点』とは???

6,408 views

「有害な人間は、あなたから多くの時間とエネルギーを奪う。

さらに、不必要に物事を複雑化し、争いをも生み出すのです。」

そう警鐘を鳴らすのは、「TalentSmart」の

共同設立者Travis Bradberry氏。

この記事では、付き合いを避けるべき人の

具体的な特徴が紹介されています。

きっと、彼らと接していても、あなたには何の得もありません。

今すぐ関わりを絶ったほうが賢明でしょう。
 
 
 
 
それでは~THINK TIME~です。 
 

1、“他人の噂”が好きなタイプ

「素晴らしい心はアイデアについて話し、

普通の心は出来事について話します。

そして、小さな心は人々について話すのです。」

-エレノア・ルーズベルト

噂好きな人は、他人の不幸に喜びを見出します。

特定の誰かや専門家の失言を話題にするのは楽しいかもしれませんが、

時間が経てば疲れや不快感につながるでしょう。

場合によっては、他人を傷つけることにもなりかねません。

他人の不幸をネタにし、時間を無駄にするよりも、

ポジティブなことに目を向け、

興味深い人たちから多くを学びましょう。
 
 
 

2、どうにも、感情がコントロールできないタイプ

世の中には、感情のコントロールができない人もいます。

彼らはあなたに暴言を吐き、

自分の感情を投影させようとするはず。

自分の不調の原因の1つは、

「あなた」だと考えているのです。

このようなタイプの人間と関わらないようにすることは困難。

なぜなら彼らは感情がコントロールできないため、

あなたが彼らを可哀想だと思ってしまうから。

でも、彼らは感情のはけ口として、

あなたを利用しているだけです。

何があっても関わらないように。
 
 
 

3、“被害者意識”タイプ

このタイプの人間を特定することは難しい。

なぜなら、最初はあなたも、彼らの問題に対して

共感を抱いてしまうからです。

しかし、時間の経過とともに、

彼らがいつも“求めてばかりいる人間”だと気づき始めます。

被害者タイプの人間は、積極的に自分の責任を押しのけ、

難しい事態に直面するたびに自分自身で障害を作り出す。

困難な状況を、自分を成長させるチャンスだとは考えません。

このような古いことわざがあります。

「痛みは避けられないが、苦しみは自分次第だ」。

この言葉は被害者タイプの人間を実によく捉えていると言えるでしょう。

そう、彼らは常に苦しむことを選んでいるのです。
 
 
 

4、人間関係には興味がなく、人と距離を置くタイプ

このタイプの人間に距離を置かれることで、

あなたは落ち込んでしまうはず。

一緒にいると、まるで自分が1人ぼっちになったかのように感じるでしょう。

これは、彼らが「他人とのつながりは何の意味もない」

と考えるために発生すること。

あなたは単に、彼らの自尊心を維持するための道具なのです。
 
 
 

5、他人と比べてばかりで、嫉妬するタイプ

彼らにとって、他人は常に羨ましく見えるもの。

自分に何かいいことが起こったとしても、

満足することはありません。

満足を得るべきなのに、

世界に対抗して自分の幸福度を測っているのです。

彼らと長い時間を共有することは非常に危険。

あなたは、自分が達成したことさえも軽視してしまうようになるでしょう。
 
 
 

6、裏で人を操るタイプ

彼らは、見せかけの友情であなたの人生から

「時間」と「エネルギー」を奪います。

あなたを友だちのように扱うため、

対処することは難しいでしょう。

彼らはあなたをよく知っています。

何が好きで、何を面白いと考えるか。

しかし、普通の友だちと違うのは、

彼らがその情報を隠れた目的のために利用すること。

彼らは常にあなたから何かを欲しているのです。

彼らとの関係を振り返ってみてください。

あなたが常に与えるばかりで、

もらったものなどあまりないはずです。
 
 
 

7、これぞディメンター・・・超ネガティブタイプ

J・K・ローリング氏のハリー・ポッターシリーズに登場する、

ディメンターを知っていますか?

彼らは人々の魂を吸う邪悪な生き物で、

人間を抜け殻のようにしてしまいます。

ディメンターが部屋に入ってくると、

その場が暗くなり、人々は寒気を感じる。

そして嫌な記憶を思い出し始めるのです。

彼女は、「ディメンターのコンセプトは、

とてもネガティブな人に基づいている」と述べています。

ディメンターは、誰もが経験するネガティブなことや悲観的なことを印象づけ、

人生を台無しにしてしまう。

彼らの視点では、どんな物事においても何かが不足しており、

どれほどいい状況でも恐怖や心配ごとを考えてしまいます。
 
 
 

8、他人の不幸が大好きな悪人タイプ

他人の不幸や惨めな状況から大きな満足を得る、

有害なタイプの人間もいます。

彼らは、あなたを傷つけたり、

不快な気持ちを抱かせたり、

あなたから何かを奪おうとします。

そうでない限りは、あなたに何の興味も抱きません。
 
 
 

9、すぐに人を見下すタイプ

彼らは自分と違う人を尊重できず、

決して相手から何かを学ぶことはできません。

その代わり、見下すのです。

彼らはあなたが情熱的で、

表現豊かな人間になることを妨げるでしょう。

そんな人たちと関わる必要はありません。

自分らしく生きるべきです。
 
 
 

10、トラブルメーカーの代表格の傲慢なタイプ

傲慢な人と関わることは時間の無駄。

なぜなら、彼らは、あなたが行うことすべてを、

自分への挑戦と考えるからです。

傲慢は見せかけの自信。そうすることで、

自信のなさを隠しているのです。

アクロン大学の研究で、

傲慢さは職場における多くの問題と

関係していることが分かりました。

彼らは、パフォーマンスが悪く、付き合いにくい。

そして、認知に関連する問題があるのだそうです。

出典元:10 Toxic People You Should Avoid Like the Plague
 
 
 

まわりの人と照らし合わせるよりも

自分が他者にとって有害でないか考えました。

これと反対の行動を心がけ

他者から付き合いたいと思われる人間になりたいですね。

みなさまはどう感じましたか?

考えさせられる記事ですね。

  • LINEで送る

人気ランキング

PAGE TOP ↑