【セブンイレブン】おなじみの『あの曲』に隠された感動の物語!!!

5,093 views

セブンイレブンの店内やテレビCMでなんとなく耳にしたことのある
 
あのメロディ。
 
皆さんはどれくらい「あの曲」のことを知っていますか。
 
いつの曲で、誰が歌っていて、なんていう曲名なのか、
 
意外に知らない人も多いはずでは?

 

出典元:CMLOLO001  
 

実は…
 

忌野清志郎さんが歌った「デイ・ドリーム・ビリーバー」

 
 
「ずっと夢を見て安心してた。
  僕はデイ・ドリーム・ビリーバー。
   そんで、彼女はクイーン」

日本ロック界の伝説的バンド、
 
RCサクセションのメンバーとしても有名な忌野清志郎。
 
彼は2009年にこの世を去ってしまいました。
 
この曲は清志郎が「ZERRY」という別名義で結成していたバンド
 
「タイマーズ」によって、1989年に発表されたシングル曲です。
 

実はこの曲、原曲があるのです。
 
 
それは、60年代にザ・ビートルズに対抗するべく結成された、
 
アメリカのアイドルグループ「ザ・モンキーズ」が
 
1967年にリリースした『デイドリーム』。

このメロディに
 
日本語の歌詞をのせたものが『デイ・ドリーム・ビリーバー』。
  
 
しかし、清志郎の歌詞には深い物語がありました。
 

『ふたりの母への想い』
 
 
「もう今は彼女はどこにもいない。朝早く目覚ましがなっても」
 
 
歌詞の中では「彼女」というフレーズが繰り返されている。
 
一見すると「別れた恋人」へ向けた歌詞にも思える。
 
が、これは会うことのできなかった。
 
「実の母」への想いを綴った歌詞だった。

清志郎は、母親が亡くなった際に育ての母が継母であり、
 
実の母の姉だったことを知らされた。
 
実の母は、彼が3歳の時にすでに亡くなっていたのだ。

ふたりの「母」の死と向き合いながら、
 
一度も会うことのできなかった実の母への行き場のない想いを
 
彼は歌に込めた。
 
それが「デイ・ドリーム・ビリーバー」だった。
 
 

日本中で再生される

超人気曲に!

楽曲をリリースした1989年には
 
エースコックの「スーパーカップ」のCMに採用、
 
2006年には
 
サントリーの「モルツ」のCMにも使われ、
  
CMを通して「誰もが耳にしたことのある曲」になり、
 
2011年にセブンイレブンに採用されることになりました。
 

出典元:hide010360
セブンイレブンに毎日足を運んでいますが、
 
最近はあまり耳に入ってきていませんでした。
 
立ち寄った時にはぜひ耳を傾けて聞いてみます。
 
いつもとは違った歌が聴こえてくるかもしれません。
 

出典元:TABI LABO

  • LINEで送る

人気ランキング

PAGE TOP ↑