【拡散希望】64年前の少女に会いたい!!!日系2世元米兵のおもいは届くか???

18,514 views

出典元:米従軍記者の沖縄戦日記
※写真はイメージ図です。

米ロサンゼルス近郊に住む日系2世の元海兵隊員、

ロバート和田さんが、64年前に横須賀市で出会った少女を探している。

朝鮮戦争出征前の不安を和らげてくれた思い出が、

85歳となった今も忘れられず、奇跡の再会への思いを募らせている。
 
 
 
それでは~THINK TIME~です。
 
 
 
和田さんが少女と出会ったのは1951年5月。

朝鮮戦争で釜山へ赴く途中、横須賀に寄港した最初の夜だった。

外出先から深夜に基地へ戻ると、門前で造花を売る10歳ぐらいの少女がいた。

少女を案じた和田さんは財布の中身を全て渡して花を買い上げ、

日本語で「危ないから、こんな遅くに二度とここへ来てはいけない」と諭した。

ところが数日後の深夜、また同じ少女が門の前に立っていた。和田さんは再び叱った。

「ちょっと待って」。

少女は、少し離れて集まっていた6、7人の女性の中から母親の手を引いてきた。

実は「日本人に似た顔立ちで日本語を話す米兵」に礼を言うため、

母親たちは翌日から待っていたという。

「私たちはあなたが無事に自分の国に戻ることを祈っています」

母親はそう告げた。女性たちはずっと手を振り続けてくれた。

出征直前の不安な時だっただけに、和田さんの胸に深い感動が残った。

少女から買った花は、任地まで持って行った。

無事に帰国でき、その後は経営コンサルタントとして成功し、

全米日系退役軍人会の会長を務めていた。

だが64年たった今でも、思い出は鮮明だ。

あの時の少女に会いたい-。

和田さんがずっと持ち続けていた願いを、

ロサンゼルス在住の日系人、クリス三宅さん(63)が聞き、

仲介役を買って出た。

自らのネットワークで探す一方、9月末までの約1カ月間の来日中、

知人を介して神奈川新聞社にも協力を呼び掛けた。

三宅さんは「名前も知らないし、見つかるのは奇跡だろう。

だがその奇跡を信じたい。誰かが覚えていてくれれば」と、

和田さんの言葉を代弁し、情報提供を求めている。
 
出典元:カナロコ

和田さんのおもい、届いてほしいですね。

みなさまの拡散がそのお手伝いになるかもしれません。  

  • LINEで送る

人気ランキング

PAGE TOP ↑