この歌声に聞覚えありませんか!? ”尾崎豊”の長男の初ライブが超満員!!!

62,449 views

故尾崎豊さん(享年26)の長男、尾崎裕哉(ひろや=26)が10日、

大阪・ミナミのライブハウス「DROP」で、初ライブを行い、

父と同じくライブハウスからアーティストの第1歩を踏み出しました。

裕哉は、これまでにも「尾崎豊の息子」として、

父のトリビュートイベントで歌ったり、

バンド活動でステージに立つことはあったが、

オリジナル楽曲のみで「尾崎裕哉」としてライブを行うのは、この日が初めて。

超満員250人ファンを前に「これが初ライブです」とあいさつしました。

裕哉は、大阪のFM802局が毎年秋、開いているイベント

「MINAMI WHEEL」に出演。同イベントは、

ミナミ一帯のライブハウス約20カ所で

400以上のアーティストが出演する風物詩的な“お祭り”で

「父(の原点)はルイード(新宿のライブハウス)でしたけど、似た感じですかね」。

初ライブを終え、照れたように語りました。

裕哉は、大学1年だった「4~5年前から」楽曲制作を始め、

この日は「Moon Light」(仮題)など5曲を披露。

詞というよりも言葉をリズムにのせ、読み上げるように歌う姿は、

父をほうふつとさせ、裏声の使い方、声の伸ばし方は、

20代に入った尾崎さんの歌声と完全にかぶります。

裕哉本人も

「そうですかね、ありがとうございます。

確かに、お客さんも、(父の)世代の方も多かったですね」

と話していました。

26歳。

父が亡くなった年齢でのデビューには

「大学の勉強が好きになっちゃって」と苦笑。

卒業後、音楽の道を選ぶまでに

「何か、社会にメッセージを発信していく方法は音楽だけじゃない。

何がいいのか、ずっと考えていたらこの年になった」と笑う。

父と比較されるプレッシャーには「うーん」と考え

「でも、そうじゃなきゃ、こうして(お客さんも、取材も)来てくれないでしょ」

と受け止めています。

超満員になった客席には「思ったより、人が集まっていた。気持ちよかった」と、

度胸の良さものぞかせていました。
 
 
それでは、彼の歌声に~THINK TIME~です。

 
なぜか、ゾクゾクとして涙が込み上げてくる・・・。

今後はCDデビューに向け、制作活動に入ると言い、

「まだ、デビューもしていないんで、(アーティストとしては)これから。

早くデビューしたいなと思っています」と話していました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

彼に父の記憶はない。

これは遺伝なのか???

彼の歌声からは父の姿を安易に想像できる。

彼の活躍を期待するファンは多い。

みなさまはどう感じましたか?

考えさせられる記事ですね。

もっと彼の歌声が聴きたい。

出典元:NEVERまとめ 日刊スポーツ Song Sing

  • LINEで送る

人気ランキング

PAGE TOP ↑