吉田茂の防衛大一期生卒業式での訓辞「耐えていただきたい・・・」 ~自衛隊在職中、国民から感謝されることはないかもしれない~

2,656 views

大きな災害に見舞われ、

数々の救助活動で自衛隊の役割が少しづつ

浸透し始めています。

しかし、まだまだその活動に

理解が示されないケールも多々あります。

そこで、

Twitterで紹介された吉田茂元首相の言葉が、

自衛隊とはどんな存在なのかを的確に分からせてくれると

話題になっていますので紹介します。
 
 

昭和32年に防衛大学の一期生に

吉田茂元首相が贈った言葉はコチラです。
 
 
 
それでは~THINK TIME~です。
 
 
 
 


Twitterでは、

「泣いた」

「もう言葉に言い表せくらい申し訳ないですね。ここが自衛隊の強みですね。」

「災害だけでなく、平時でも毎日何回も領空侵犯等から日本を守ってくれています。」

「自衛官の皆さんには頭が下がります。」

など、多くの感謝の声が寄せられています。

有事に備え、いつも準備を重ねてくれている存在に

感謝の気持ちを持っていきたいですね。

みなさまはどう感じましたか?

考えさせられる記事ですね。

  • LINEで送る

人気ランキング

PAGE TOP ↑