「チャップリン」の史上もっとも感動的なスピ­ーチ。

5,521 views

出典元:tagbots.net

この演説は「独裁者」の1シーンです。

「独裁者」はチャップリンが

アドルフ・ヒトラーの独裁政治を批判した作品で、

ヒトラーとナチズムに対して

非常に大胆に非難と風刺をしつつ、

ヨーロッパにおけるユダヤ人の苦況を

コミカルながらも生々しく描いています。

1940年10月15日にアメリカ合衆国で

初公開されましたが、当時のアメリカは

ナチの戦争とはいまだ無縁であり平和を享受していたが、

この映画はそんなアメリカの世相からかけ離れた内容でした。

ヒトラーを連想させる独裁者と顔が瓜二つである主人公が、

独裁者と間違えられ演説の場に。

ヒトラーの演説を想起させる場面で、

主人公はそれとは全く逆の

ヒューマニズムに基づく演説を行います。

この演説はチャーリー・チップリン自身によって書かれたスピーチで、

史上もっとも感動的なスピ­ーチとも言われ

今でも世界中に広められています。

それでは動画をご覧ください。

出典元:yayat283

心動かされる演技。

心動かされるスピーチです。

このスピーチがどれほどの人に影響を与えたのでしょうか。

考えさせられる記事ですね。

  • LINEで送る

人気ランキング

PAGE TOP ↑