完全なる大失態!『プロでも死角には弱い!?』 近年まれに見る情けないゴール

1,823 views

人間、いかなる時も落ち着かなければいけない。
 
物事がうまくいった時でも油断してはいけない。
 
なぜなら、ほっとした時に限って、大きな落とし穴が
 
待っていることも少なくないですよね。

皆さんも何度も油断をしてしまい失敗を繰り返して
 
よい経験を得て今を過ごしているのではないでしょうか。 

そう『油断大敵』
 
 
 

 
それでは~THINK TIME~です
 
 
 
 
 

人生の教訓をメキシコのゴールキーパーが体を張って教えてくれた。
 
それは2015年9月23日に行われたカップ戦(コパ・メキシコ)の
 
ネカクサ vs サカテペクでのことであった。

・メキシコでの試合 
 
動画には、思わぬ形から生まれた珍ゴールが収録されている。
 
前半13分にサカテペクが先制し、
 
0−1で迎えた後半3分にそのシーンはやってきた。
 
ネカクサはセットプレーから直接ゴールを狙うも、シュートはキーパーの真正面。 
 
あっさり阻まれてしまう。

 
 

・油断大敵 

ところが……ゴールキーパーが素早くカウンターに繋げようとしたその時、
 
事件は起きた。
  

なんと投げたボールは、目の前を通り過ぎた相手選手の頭を直撃。 
 
しかも、そのまま自陣ゴールへと吸い込まれてしまったのである!

まさかの同点ゴールに仲間もボー然と立ちつくすしかない様子で、
 
落胆の色を隠せていない。ゴールキーパーの油断ひとつ……たったそれだけで
 
近年まれに見る情けないゴールが生まれてしまった。

・余計な失点が尾を引いたか 
 
なお、試合は3−1でホームのネカクサが勝利。
 
後半だけでサカテペクが3点も奪われたところを見ると、
 
思わぬ同点ゴールがチームに与えたダメージは、
 
想像以上に大きかったのかもしれない。

 
 
 
 
 
 
『油断大敵』もっと意識を高めようと思わせてくれる。

考えさせられる記事ですね。
 

 

出典元:
iKhoStyle7iTv-YouTube

  • LINEで送る

人気ランキング

PAGE TOP ↑