ペットショップがお客をだます『粋な計らい』。みんな同じ『尊い命』を少しでも助けたい!!!

2,542 views

ブラジルの動物保護団体がした、

ある興味深い取り組みについて紹介します。


 
 
 
それでは~THINK TIME~です。
 
 
 

その取り組みとは、保護されて里親を募集している動物を、

ペットショップの動物と入れ替えるというもの。

入れ替えたことは、お客さんには内緒です。

何も知らないお客さんたちは、

「可愛い」と言って興味津々です。

飼うと決めたお客さんには、

これが里親募集中の保護された動物だと伝え、

お金は取りません。

そうわかっても、お客さんも快く引き取ってくれます。

実際の様子は、こちらの動画でご覧ください。
 
 

出典元:Associação Quatro Patinhas

ショーケースに入るだけで、

印象が随分変わることがわかりました。

ペットショップの動物も、里親募集中の動物も、

動物であることには変わりありません。

ブラジルでは、2008年にサンパウロ州で

殺処分が禁止になり、

2014年には動物実験禁止が成立しました。

日本では毎日たくさんの動物が殺処分を受けています。

この取り組みを見習って、

尊い命が奪われないような仕組みができるといいですね。

まずは一度ペットにした動物は

家族と思い最後まで面倒を見ることです。

それができない人にペットを持つ資格はない。

みなさまはどう感じましたか?

考えさせられる記事ですね。

  • LINEで送る

人気ランキング

PAGE TOP ↑