「パニック状態???」移民を蹴ったカメラマンのコメントがやっぱり許せない・・・

4,303 views

移民を蹴ったカメラマン、「パニック状態だった」と釈明。

ハンガリーのセルビア国境付近で警察から逃げる移民らに

足を引っ掛けて転ばせたり子どもを蹴ったりする様子を

撮影され世界中のひんしゅくを買った女性カメラマンが、

沈黙を破り「当時はパニック状態にあった」などと釈明した。
 
 
それでは~THINK TIME~です。
 
 

「移民を蹴ったカメラマン、治安妨害容疑で捜査 ハンガリー検察」

このカメラマンは本件により治安妨害容疑で刑事捜査対象となっている

ペトラ・ラースロー(Petra Laszlo)容疑者(40)。

ラースロー容疑者はハンガリー右派系紙

マジャールネムゼット(Magyar Nemzet)に送った手紙のなかで

「いま映像を見たが、あれが自分だとはとても思えなかった。

自分がしたことを心から悔いているし責任をとるつもりだ」と述べ、

「あの時はパニック状態だった。

わたしは無慈悲に子どもを蹴ったりするような

人種差別主義のカメラマンではない」と訴えた。

手紙はマジャールネムゼット紙のウェブサイトに掲載された。
 
 
 

「ラースロー容疑者は10日、治安妨害の疑いで警察に身柄を拘束され、

事情聴取されたのち釈放されている。」

マジャールネムゼットに送った手紙でラースロー容疑者は

「やっと今になって、この手紙を書けるまで正気を取り戻せた。

自分がした行為と、それによるわたしへの仕打ちからショック状態にある」と訴え、

当時の状況については

「何百人もの移民たちが警察の規制線を突破する様子を

カメラで撮影していたとき、移民の1人が突進してきて

私はパニックになってしまった。

大勢が突進してくるという恐怖から、

わたしの頭のなかで何かがはじけた。

カメラを構えていたので誰が向かってくるのか見えなかった。

襲われるということしか頭になく、

自分の身を守らなければと思った」と説明した。

さらにラースロー容疑者は

「わたしも母親であり、とりわけ残念に思うのは

こちらに走ってきたのが子どもだったことだ。

あの時のわたしには、それが分からなかった。

パニック状態にあるときに適切な決断をすることは難しい」

と後悔の念も示した。

そのうえでラースロー容疑者は、

政治的な「魔女狩り」や誹謗(ひぼう)中傷、

殺害するという脅迫にさらされていると明かし、

「わたしは1人の女性にすぎない。

今ではパニック状態で誤った決断をしてしまった結果、

幼い子どもを抱え失業した母親でもある」と訴えた。

出典元:AFPBB News

いくらパニック状態とはいえ、

この画像は衝撃すぎますね。

政治的背景、そしてこの状況・・・。

同じ人間が傷つけあうことのない

世の中になってはくれないのだろうか・・・。

彼女だけの問題ではない気がする。

みなさまはどう感じますか?

考えさせられる記事ですね。

  • LINEで送る

人気ランキング

PAGE TOP ↑