さあ、みんなで考えよう!シンガポールの学校の大人泣かせの算数問題。~誕生日はいつ?~

2,707 views

「さすが学力世界最高水準のシンガポールは違う!」と、

頭が化石化した世界中の大人を

唸らせているのがこちら。

「国際バカロレア5年生の算数の問題」として

シンガポールのKennethjianwenさんが

投稿して週末バイラルで広まったものです。

噂が噂を呼んで、途中でシンガポール児童の人生最初の登竜門

「PSLE(シンガポール小学校卒業試験)」の出題という

話になっちゃったけど、現地メディアによると

「数学オリンピックで出た問題。対象年齢15-17歳」とのこと。

さあ、みんなで考えよう!!!
 
 
 
それでは~THINK TIME~です。
 
 
 

シェリルと友だちになったアルバートとバーナード。

「誕生日いつ?」って訊くと、

シェリルは「次のうちのどれかだよ」と言いました。

5月15日、16日、19日
6月17日、18日
7月14日、16日
8月14日、15日、17日

で、

アルバートには何月かだけ教え、

バーナードには何日かだけ教えました。

後日のふたりの会話。

アルバート「誕生日わからないのボクだけかと思ったら、

キミもわからないんだね」

バーナード「さっきまでわからなかったけど、

今のでわかったよ」

アルバート「まじで。ボクも今のでわかった」

さて、シェリルの誕生日は何月何日でしょう?
 
 
 
さあ、答えを見る前にちゃんとロジック積み上げて考えましょう。

わかってしまうと「なんだー」ですけど、

自分の頭で考えると案外難しいですね。
 
 
 
 
ここからは解説です。

※もう少し自分で考えたい方はスクロールを止めてください。
 
 
 
 

アルバート(月を知ってる)は

「バーナードもわからないんだね」と言っているので、

5月と6月は除外される。

なぜなら1回しか出てこない日

(19日と18日)がそれぞれあるから、

もし5月か6月なら「わからないんだね」

とは断言できない。

これを聞いてバーナード(日を知ってる)も、

5月と6月じゃないことはわかった。

なので、「今のでわかった」と断言しているので、

両月にまたがる14日は除外される。

すると、残りは7月16日、8月15日、17日。

最後にアルバート(月を知ってる)が

「今のでわかった」と断言できる日はひとつしかない。

答えは 7月16日。
 
 
出典元:theguardian
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

解答を見ると「なるほど!」。

頭の体操になりましたか?

考えさせられる記事ですね。

  • LINEで送る

人気ランキング

PAGE TOP ↑