ホリエモン流睡眠術を学ぶ。

19,635 views

【ホリエモンの睡眠時間って???】

「23歳で起業して以来、僕に暇な時間は皆無だった。」

宇宙ロケット事業を手掛け話題となったり、グルメキュレーションサービス「TERIYAKI」を立ち上げたりと、最近も多忙な堀江さんの気になる睡眠事情は、一体どのようなものなのでしょうか。

出典元:fuminners.jp 

 
睡眠時間を削って仕事をしようと思ったことは一度もない
 

「僕の場合、睡眠時間がだいたい6時間を切るとかなりツライですね。
パフォーマンスが低下して、翌日、使いものにならないんです。
それは、もう10代の頃から経験的にわかっていることなので、睡眠時間を削って仕事をしようと思ったことはないです」

 
 
 
 

寝る間を惜しんで仕事をしているイメージがありましたが、仕事よりも睡眠時間の確保を大事にされているのだそうです。
 
 
 

「中学時代の試験勉強でも、根を詰めて深夜まで粘るより、『もういいか』とあきらめて寝たときのほうがいい結果出ましたからね。
それ以来、一夜漬けはやらなくなりました。
大学受験のときも、寝たいだけ寝ていました。
1日10時間くらいは寝ていたと思います。
どのように勉強の効率を上げるかという話以前に、人間の脳は、睡眠によって記憶を定着させるということは、もうエビデンスがあって、れっきとした事実なんです。
仕事も勉強も、睡眠時間を削ってもボーッとしている時間が増えるだけで、何もいいことはないですよね」

 
 

今は「1日最低でも6時間睡眠」のマイルールを徹底しているそう。
 
 

「例えば、明日の朝は4時から釣りに行くので、逆算して今夜はだいたい10時までには寝ないといけないですね。
あまり眠くならなければ、睡眠導入剤を飲むこともあります。
めったに使いませんが、薬を使うことに抵抗はありません」

 
 
出典元:http://careerpark.jp/29940

究極にムダを削る”カリカリにチューニングした暮らし
 
 

睡眠時間を削れば、ボーッとする時間が増えるだけ。

それはわかっていても、忙しくて十分に睡眠がとれていない人は多いはず。

堀江さんは、多忙な生活の中でどのように睡眠時間を捻出しているのでしょう。

「やりたいことが増えれば、当然、時間が足りなくなります。
なので以前は、通勤時間を省くために会社に寝泊まりすることもありましたね。
あまりに忙しく、24時間ずっと会社で生活を送っていた時期もありました」

通勤時間以外にも削れるところは削って、密度の高い活動時間と十分な睡眠時間に充てていくのが堀江さん流。

ここで数年前、睡眠について語っている動画をご覧ください。

 

出典元:堀江貴文
 
2013年に公開されたものですが、睡眠時間に関しては、かなりのこだわりを持たれているようです。
 
 

「今はもう、カリカリにチューニングした暮らしをしてます。
掃除や洗濯といった家事はしませんし、ご飯も自分では作りません。
会社にすら行かないですしね。
インタビュー取材も基本はビデオ通話で受けていて、ネットを利用して、行かなくて済むところには極力行かないようにしています。
買い物もほとんどネットで済ませています。
特に服は、最近は全部ZOZOTOWNで買っていますね。
オシャレな友だちにピックアップしてもらって、その中から気に入ったアイテムをパパッと買う」

常に意識しているのは、

『自分がやる必要のないことは他人にやってもらう』

ということだそう。

堀江さんじゃなければできないことにのみ注力しているのです。

「例えば3、4人のミーティングをブッキングしようとすると、時間調整だけで30分くらいは平気でかかってしまいますよね。
その時間がもったいなくて、スケジュール管理はアシスタントに頼んで、もう、自分ではやらなくなりました。
『ここを削れるんじゃないか』と思いついたら、すぐに実行。
こうやって自分の生活に疑いの目を持ち続けた結果、かなり余計なことをしなくて済むようになりましたね」

余計なことをしなくなった分、その時間はやりたいことに注がれます。

「僕は、これまで、ただやりたいことをやってきただけなんです。
それは、これからも変わりません。
そして、やりたいこと、こうなるといいなと思うことは、常にどんどん増えていきます。
僕の場合、やりたいことに優先順位を付けることに意味を感じていないので、基本的にはやりたいことは全部やるというスタンスです」

堀江さんの情報を掲載するオウンドメディア「HORIEMON.COM」を一見するだけでも、堀江さんのやりたいことの多さ、興味の幅の広さが伝わってきます。

ニュースキュレーション、会員制オンラインサロン、メルマガ、YouTubeチャンネル……。

これだけのことをこなすには、確かに、余計なことを徹底して排除していくしかないのでしょう。
 
 

『プレッシャーで寝られない』が、僕には理解できない
 
 

堀江さんの場合、睡眠時間確保の秘訣は「余計なことに時間を使わない」という点にあるようです。

しかし、それだけで快適な睡眠が保証されるものなのでしょうか。

堀江さんに「プレッシャーで寝つけないことや、仕事のことが気になって寝られないことはありませんか」

と尋ねてみたところ、意外な返事が。

「そういうことって、普通の人にはあるんですか?
ベッドに入って、何を考えるんですか?
何か気になることがあって寝つけないというのが、僕にはわかりませんね」

さらに聞いていくと、眠りの本質に関わるようなヒントが浮かび上がってきました。

「僕は、その日の課題はその日のうちにすべて解決しちゃうんです。
悩まないんですよ。
だって、決断すれば済む話ですから、悩む必要がないじゃないですか。
AかBかで悩んでないで、まずは決めてしまえばいいわけで、『じゃあ、とりあえずAでいくか』と決めてから、僕は寝ますね」

AでもBでも、実はそんなに大した差はない、と堀江さん。

それよりも、何も考えずに気持ちよく寝たほうがよっぽどいいと語ります。

「一日全力で活動していれば、肉体的に疲れて、どうしても眠くなりますよね。
僕は寝つきがよく、眠れないということはほとんどありません。
これは、昼間に全力で活動してることの表れだと思いますよ。」

誰でも、悩みやストレスを抱えたまま寝たくないもの。

堀江さんの場合、『失敗したな』と思ったら、お酒を飲んで、その日のうちにストレス発散して寝ちゃうそう。

「夜飲んで、LINEで暴言をブァーって吐いて、誰かにストレスをぶつけてから寝るわけです。
で、翌朝、見返してみて、『ああ、悪いことしたなあ』と思って『ゴメンね』って言うと、『もうわかってるから』って返される。
周りの人には、いい迷惑だと思いますけど(笑)」

昼間の活動中に眠気を持ち込みたくないから、睡眠時間をしっかりと確保するのが、堀江さんの流儀。

反対に、昼間の活動のストレスや悩みといったモヤモヤしたものを眠りに持ち込まないことも、堀江さんのルールのようです。
 
 
最近、堀江さんが削った“必要ない”ものとは…

しかし、堀江さんのやり方をそのまま真似できるかというと、ちょっと難しそう。

堀江さんの時間の使い方の核心に迫ってみました。

「『Time is Money』という言葉がありますが、それは違うと思うんです。
お金は増やすことができますが、時間は増やすことはできません。
その意味で、時間こそまさしく有限のリソースで、『命そのもの』だと思ってます。
だから、『Time is Money』ではなくて、『Time is Life』が正しいんです。
『命そのもの』である限られた時間の中で、僕のやりたいことを実現するには、時間あたりの作業効率と判断のスピードを上げていくしかない。
そのためには、目の前の一つ一つのものごとに最大限集中して取り組むという方法しかないんですよね。
僕は、仕事の質とはひとえに『集中力×時間』で決まるものだと思っています。
このうち、時間は限られていて誰にも平等に与えられているわけですから、集中力の差が、結果的に仕事の質の差に表れるわけです。」

「集中力」をいかに高めるかが、堀江さんの仕事術の核心にあったのですね。

「そのためには、ムダを徹底的に省く。
僕は、2年くらい前からホテル住まいをしています。
いま必要な持ちものといえば服くらい。
家があるとどうしてもモノが増えちゃうんですよね。
余計なものを削ることを考えたとき、『もう家もいらないかなあ』と思ったので、手放しました。
そもそも、人間が定住をしたのは農耕生活を始めたからで、多くの現代人にとってそれは必要ないことなんです」

「集中するために、余計なことを削る」ことを突き詰めた堀江さんは、定住生活を捨てる代わりに機動力を手に入れ、仕事の質をさらに高めているようです。

どこまでもムダを省くが、睡眠はしっかり取る。

常識破りな堀江さんの活躍を支えているのは、実はとてもシンプルなルールでした。

出典元:http://fuminners.jp/goldenrule/1492/4/

みなさまはどう感じましたか?

考えさせられる記事ですね。

  • LINEで送る

人気ランキング

PAGE TOP ↑