大人の頭のトレーニング。慶応義塾幼稚舎で出題された「帽子の問題」。さあ、みんなで考えよう!!!

85,811 views

これは、慶応義塾幼稚舎の入試問題です。

幼稚園生でも解けるのだからとなめてかかると・・・
 
 
それでは~THINK TIME~です。
 
 
 

帽子をかぶった4人の男の子が、

図のように部屋の中にいます。

A君とB君の間には壁があり、

A君からはB、C、D君が、

B、C、D君からはA君が見えません。

この4人にはあらかじめ次のことを知らされています。

1、部屋に入っているのは全部で4人

2、黒い帽子を被っている人は2人、白い帽子を被っているのが2人

男の子にはそれぞれ、

自分が何色の帽子を被っているかは知らされていません。

自分で自分の帽子を手にして見たり、

後ろを振り向いて他の人の帽子を見ることもダメです。

この条件のもと、

自分が何色の帽子を被っているか当てた少年がいます。

それは4人のうち誰で、その理由はなぜでしょう?

 
 
 
答えを最後に書きますので、

まだ考えたい方はここでスクロールを止めてください。 
 
 
 
 
 
 
さあ、みなさん答えと理由がわかりましたか?

もちろんこういう問題には

正解が一つではない場合も多くあります。
 
 

さあ、解答です。
 
色を当てたのはC君です。

A君とB君は、壁しか見ることができません。

またD君はB君とC君の帽子を見ることができますが、

それぞれ白と黒であるため、

自分が白と黒どちらをかぶっているかを

特定することができません。

C君は、B君が白の帽子をかぶっていることがわかります。

ここでもしC君が白の帽子をかぶっていたならば、

D君はすぐに自分が黒の帽子をかぶっているとわかります。

しかし、D君は自分の色を当てられなかったので、

B君とC君は白と黒の帽子をかぶっていることになります。

すると、B君は白の帽子をかぶっているので、

C君は黒の帽子をかぶっていると分かるのです。

出典元:nanapi 
 
 
D君が答えられないから、C君が色をあてる。

こんな問題を幼稚園生が解いちゃうんですね。

みなさまはお分かりになりましたか?

考えさせられる記事ですね。

  • LINEで送る

人気ランキング

PAGE TOP ↑