「アルベルト・アインシュタイン」が残した人生の教訓。

28,611 views

アルベルト・アインシュタインはドイツ生まれのユダヤ人理論物理学者です。

米国TIME誌のパーソン・オブ・ザ・センチュリー(20世紀の人)にも選出されています。

相対性理論などを提唱し、現代物理学の父と称されています。

幼少の頃は、数学に関しては突出した才能を示したが、言葉を理解したり、話したりすることは苦手でした。

1922年の訪日の途中にノーベル物理学賞を受賞。

おとなしく、生真面目な性格であり、自身を天才であるとはいささかも思っていなかったと言います。

アルベルト・アインシュタインは、科学の発展に貢献しただけでなく、多くの人々に影響を与える数々の”人生の教訓”を残しています。

今回は、私生活、仕事、あらゆることに通ずる「アインシュタインの教え」をご紹介します。
  
 

1. シンプルであること

「もし6歳の子に説明できないのであれば、

それは自分でも理解できていないということである。」
 
 
 

2. 創造性

「創造性は伝染する。周囲に移してしまおう。」
 
 
 

3. 不可能に立ち向かう

「バカを試みる者だけが、不可能を可能にできる。」
 
 
 

4. 挑戦と失敗

「失敗を避ける唯一の方法は、

新しいアイデアを持たないことである。

挑戦をやめるまでは、失敗ではない。」
 
 
 

5. 意見を持つ

「偏見のある社会環境で、

冷静な意見を述べられる人は限られている。

それどころか、

意見を持つことさえ出来ない人がほとんどだ。」
 
 
 

6.「当たり前」を否定する

「これまでの私の発見は、

合理的な思考から得られたものではない。」
 
 
 

7. 想像力を働かせる

「想像とは、研究の最高形態で、

知識よりも重要である。

なぜなら想像力には世界を取り巻く力があるが、

知識には限界があるからだ。」
 
 
 

8. 人を大切にする

「私たちは他人のために存在している。

なぜなら、私たちが幸せなのは、

周囲の人が笑顔で幸せにいてくれるからである。

人生とは、誰か他の人のために生きられない限り、

価値のないものとなる。」
 
 
 

9. 共有する

「生徒とは、教師が知識を流し込む容器ではなく、

火を付けてあげるべき「たいまつ」なのである。」
 
 
 

10. 学びを受け入れる

「学びは経験である。それ以外は情報でしかない。」
 
 
 

11. 正しいことをする

「常に正しいことをしよう。

何人かは喜び、何人かは驚くであろう。」
 
 
 

12. 好奇心を捨てない

「重要なのは、疑問を持ち続けること。

知的好奇心は、それ自体に存在意義があるものだ。」
 
 
 
13. 自分を受け入れる

「弱点は、いずれキャラクターになる。」
 
 
 

14. 今を生きる

「私は未来のことは考えない。

考えなくても未来はやってくるからね。」
 
 
 
最後の言葉いい言葉ですね。

未来はやってくる。

彼の発見がタイムマシンの開発への手がかり。

未来にも彼の言葉は継承したい。

みなさまはどう感じましたか?

考えさせられる記事ですね。

  • LINEで送る

人気ランキング

PAGE TOP ↑